オーデマ ピゲ コンテンポラリー

オーデマ ピゲ コンテンポラリーは国際的なアーティストのコンテンポラリーアート作品の制作コミッション事業を行い、クリエーターたちの国際的なコミュニティを支援しています。

オーデマ ピゲはコンテンポラリーアートに人々同士のつながりを促すパワーがあることを信じています。このメセナ活動は、オーデマ ピゲが1875年の創業以来そのルーツを保つジュウ渓谷において、マニュファクチュールが支援し発展を支えてきた才能ある工芸職人たちとの取組みとも共通するものです。

オーデマ ピゲは、それぞれのコミッションにおいて企画の立ち上げから制作、展示会の実行までアーティストを支援し、世界各地の来場者に作品を見出す貴重な体験を提供します。制作された作品はアーティストが所有し、自らのキャリアの一部となります。



オーデマ ピゲ コンテンポラリーは、二つの方法でこの作品制作のコミッションを運営しています。スタジオ オーデマ ピゲでは、アーティストはブランドのキュレーターチームと共に、多様なスケールとメディアを活用しながらアート作品を制作することにより、表現の新たなテリトリーを開発しています。オーデマ ピゲ アートコミッション」では、まだ国際的知名度の低い新進アーティストを2年ごとにコンペティションで選抜し、招聘キュレーターと共に大規模な作品を制作します。

機械式ウォッチと同様、コミッション制作された作品は単にその作品を観賞できるというだけではありません。これらの作品は日々変わりつつある世界に対峙しています。。新しいクリエーションとして、その前に立つ見学者たちに第一印象を超えてさらに深い対話をうながす機会を提供します。

重要な数字

57

コミッション作品の国際展示

17

オーデマ ピゲ コンテンポラリーで活躍したアーティスト

2012

オーデマ ピゲ コンテンポラリーが設立された年

コミッション作品のこれまでの流れ