最新ストーリーを見る

SEMICONDUCTOR、「ハロ」

セミコンダクターの作品「ハロ」は第4回オーデマ ピゲ アートコミッションで制作され、2018年のバーゼルにおけるアートバーゼルで展示されました。英国のデュオアーティスト、ルース・ジャーマンとジョー・ゲルハートは招聘キュレーター、ジュネーブにある欧州微粒子物理学研究所CERNのアート部門長モニカ・ベロと共に、大規模な特定サイトの作品を完成させました。

「ハロ」は2015年に二人のアーティストが2ヶ月間滞在し研究を行ったCERNでのATLAS実験を芸術的に解釈したものです。二人のアーティストはCERNでは初めてのことですが、ATLAS実験の生データを抽出して直接に作業をしてよいという許可をCERNから受け取っていました。直径10メートルのシリンダー型の構造物「ハロ」は垂直のピアノ線に完全に囲まれています。高さ4メートルの「ハロ」の360度スクリーンに、亜原子粒子を低速で連続衝突させることにより(通常は光速で衝突)引き起こされた放出データが万華鏡のように散らばって見えます。それがスクリーンに衝突した瞬間、活性化したデータポイントのトリガーにより小さなハンマーがまわりのピアノ線を打ちます。

その幅広い振動がアートワークの全体に響きわたる様子を、見学者は音だけでなく身体で感じとります。この没入型の体験により、見学者は粒子より小さい亜原子粒子の性質と、CERNのラージ ハドロン コライダー(LHC)で起きている複雑な現象をよりよく理解することができます。

陽子の衝突を、人間の寿命の中で経験できるようにスローダウンさせる

セミコンダクター

SEMICONDUCTOR

セミコンダクターの作品「ハロ」は第4回オーデマ ピゲ アートコミッションで制作され、2018年のバーゼルにおけるアートバーゼルで展示されました。英国のデュオアーティスト、ルース・ジャーマンとジョー・ゲルハートは招聘キュレーター、ジュネーブにある欧州微粒子物理学研究所CERNのアート部門長モニカ・ベロと共に、大規模な特定サイトの作品を完成させました。

「ハロ」は2015年に二人のアーティストが2ヶ月間滞在し研究を行ったCERNでのATLAS実験を芸術的に解釈したものです。二人のアーティストはCERNでは初めてのことですが、ATLAS実験の生データを抽出して直接に作業をしてよいという許可をCERNから受け取っていました。直径10メートルのシリンダー型の構造物「ハロ」は垂直のピアノ線に完全に囲まれています。高さ4メートルの「ハロ」の360度スクリーンに、亜原子粒子を低速で連続衝突させることにより(通常は光速で衝突)引き起こされた放出データが万華鏡のように散らばって見えます。それがスクリーンに衝突した瞬間、活性化したデータポイントのトリガーにより小さなハンマーがまわりのピアノ線を打ちます。その幅広い振動がアートワークの全体に響きわたる様子を、見学者は音だけでなく身体で感じとります。この没入型の体験により、見学者は粒子より小さい亜原子粒子の性質と、CERNのラージ ハドロン コライダー(LHC)で起きている複雑な現象をよりよく理解することができます。