オーデマ ピゲの歴史は1875年、複雑時計のメカニズムがビートを打つジュウ渓谷で始まりました。

メイド イン ル・ブラッシュ

ジュウ渓谷は森林、水、氷、岩など豊かな天然資源に恵まれ、岩石からは鉄鉱石が採掘されます。このような環境により時計製造がこの地に根づき発展することとなりました。今日まで太古の自然が保たれてきた渓谷の静かな土地。

くっきりとした星空を眺める時計師たちは、大いにインスピレーションを受けました。

ウォッチのメカニズムは、天体の動きにより示される時の流れを表現したものです。自然のただなかに見上げる星空は、時を測定するデバイスの発展に大きなインスピレーションを与えました。

オーデマ ピゲの時計製造の基盤は、長い時を経て世代から世代へと引き継がれてきた希少なノウハウの上に築かれています。1875年以来、時計づくりの才能を磨き続けたクラフツマンたちは最高峰の技術を獲得し、伝統を守るだけでなく常に限界を押し進め、マニュファクチュールのノウハウと前向きな精神に支えられ、タイムピースを創造してきました。

最新のルーツストーリー

伝統と先進性の融合

ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲは、訪れる人々をスイスのマニファクチュールの過去、現在、そして未来の文化的宇宙へと誘います。

響き合う才能 エピソード 2 ラルフ&ルッソ

Talent Stimulates Talent(響き合う才能)は、伝統と新たな革新に根ざす二つのブランド、ラグジュアリーファッションハウス、ラルフ&ルッソとオーデマ ピゲの芸術的なパラレルワールドへの扉を開きます。

響き合う才能 エピソード1 ロカ兄弟

「響き合う才能」の紹介。ロカ兄弟のシェフの世界への旅とオーデマ ピゲの常に創造と完璧を求める姿勢

独立精神

今なお創業者一族によって経営されるオーデマ ピゲには、他にはない独立精神があります。創業者たちのビジョンに満ちた精神と妥協を許さない姿勢がブランドを今日まで導いてきました。

創業者たち

二人の若き情熱的な時計師、ジュール-ルイ・オーデマ (1851–1918)とエドアール-オーギュスト・ピゲ(1853–1919)が1875年に、出身地のル・ブラッシュの村にアトリエをオープンしました。ジュウ渓谷の職人たちのネットワークの力をよく知っていた二人は、工業生産が次第に発達し始めた時期、当初の信念に基づき特徴のあるコンプリケーションのメカニズムを手作りで製造していました。

二人の創業者は複雑なムーブメントを作り、ジュネーブのブランドに販売していました。しかしほどなくウォッチの完成品を仕上げるようになります。地域でブランクやケース、ダイヤル、ブレスレットを専門職人たちから調達し、石留めや装飾を専門職人に外注し、それら全てをコー ディネイトして完成品を作りあげたのです。ミニチュア化、デザイン、組立、ムーブメントのケーシングはその後、オーデマ ピゲの社内で行われるようになりました。

記録によると、1882年から1892年の間にオーデマ ピゲが製造した1600個のウォッチの80%は、一つまたは複数のコンプリケーションを含んでいました。洗練されたソヌリ、クロノグラフ、アストロノミカルウォッチ。全て手作業で組み立てられ仕上げられたこのようなウォッチは、すでにオーデマ ピゲの大切なハートとなったのです。

オーデマ ピゲの共同創設者のジュール-ルイ・オーデマ が見習い卒業時に仕上げた作品は、ジュウ渓谷の時計づくりの偉大な伝統を示しています。

「オーデマ ピゲ は単なる会社ではありません。 独立性を保った家族経営を続けており、1875年に全てが始まったここ、ル・ブラッシュにおいて知識や技術の枠を未来の世代へと受け継いでいく責任を負っているのです。 」

オリヴィエ・オーデマ

取締役会副会長

世界各地に進出

"奥深いジュウ渓谷の中にありながら、マニュファクチュール オーデマ ピゲは長年にわたり、世界各地に築いた対話のネットワークにより時計づくりの文化を伝え販売を広げてきました。

オーデマ ピゲはアート、建築、科学などの分野に常にインスピレーションを求め、パリのカルティエ、ニューヨークのティファニーなど世界有数のデザイナーやブランドと長期的な関係を築いてきました。

自由な精神に満ちたジュール-ルイ・オーデマ とエドアール-オーギュスト・ピゲは、世界各地の市場で尊敬を集めていたブランドの名声をさらに高めるべく、1889年のパリ万博にも参加しました。

ル・ブラッシュに生まれたオーデマ ピゲのタイムピースは世界各地で愛される存在となったのです。 "