1875年以来オーデマ ピゲは、創立者たちの由緒あるノウハウを常に前向きな姿勢で発展させてきました。ものづくりの可能性の限界を押し進め、社会の変化するニーズを先取りして開発を進めてきました。妥協を許さず伝統と革新のバランスをとる姿勢は、マニュファクチュールのクラフツマンシップの根底に流れています。

技術の粋

時をデザインする

オーデマ ピゲの時計師と職人たちは長年にわたり技術的、理論的な境界を越え、より優れたメカニズムと大胆なデザインを開発してきました。

デザイン

全ては1つのアイデアから始まります。独創的なフォルム、遠近感とサイズ感、直線と曲線の完璧な調和をデザイナーが紙の上に表現します。ここから、新しい境地を切り拓くコンセプトを時計の世界にもたらすという、長い旅の一歩が始まるのです。

装飾

1875年以来、オーデマ ピゲは複雑な洗練された時計を製造してきました。外側も内側も共に美しく、手作業で仕上げ組み立てられるウォッチです。装飾技術がウォッチに魂を加え、真の芸術作品が誕生します。

前向きな姿勢

伝統とアバンギャルドは、オーデマ ピゲでは織物の縦糸と横糸のように不可分なものです。長年にわたりオーデマ ピゲでは、幾世代もの才能あるクラフツマンたちが常に新たなスキルと技術を開発し、ノウハウを駆使して大胆なトレンドを作り出してきました。

最新のストーリー

APが語るソヌリ

完璧な和音を鳴らすには創意工夫と精度が必要です。開発ディレクターのルカス・ラッジとヘリテージ&ミュージアム ディレクターのセバスチャン・ヴィヴァスが、ソヌリの秘密をご紹介します。

APが語るオープンワーク

忍耐、集中と情熱経験豊かな時計師たちが制作する類まれなオープンワークのタイムピースでは、メカニズムの鼓動するハートが垣間見えます。

AP が語るリマスター01

ル・ブラッシュに生まれ、歴史をリマスターする CEOのフランソワ-アンリ・ベナミアスとコンプリケーション部門責任者のマイケル・フリードマンが語るのは、リマスター01、その1943年のルーツと2020年の再解釈。