グランド コンプリカシオンとは、 ミニッツリピーター 、スプリットセコンドクロノグラフ、パーペチュアルカレンダーを含んでいなければなりません。1882年以来オーデマ ピゲはグランド コンプリカシオンを作り続け、危機の時代においてもそれは変わらず、伝統のクラフツマンシップを世代を超えて伝えてきました。

グランド コンプリカシオン

手作業で仕上げ組み立てる

グランド コンプリカシオンウォッチの製造は、最高の経験とクラフト技術を必要とする長く忍耐のいる仕事です。グランド コンプリカシオンは、たった一人の時計師が完成まで全ての工程を担当します。6か月から8か月を要する長い工程には、ムーブメントを構成する648個の部品の組立、全ての機能の調整、分解、装飾、再組立、さらなる調整、分解、ガルバニック加工、洗浄、再組立、ケーシング、最終検査が含まれます。このようにグランド コンプリカシオンのクリエーションに注がれる技術や伝統は、マニュファクチュール全体に息づいています。

グランド コンプリカシオン ウォッチの先駆者

クォーツ危機の後にクラシックなコンプリケーションのリバイバルに力を尽くしていたオーデマ ピゲは1996年、最初のグランド コンプリカシオンウォッチをジュール・オーデマの8.5ミリという薄いケースで発表しました。その後1997年にロイヤル オーク グランド コンプリカシオンが続きます。マニュファクチュールの歴史的な姿勢をベースにしたこのような先駆的な偉業は、グランド コンプリカシオンウォッチを継続して製造して行くという方針を示しており、これは1882年から続いています。

高級な仕上げのコンプリケーションウォッチは、時を告げるだけのものではありません。今日、生活のデジタル化はどんどん進んでいます。すべてが次々と移り変わる中で、機械式時計はタイムレスに存続する数少ない存在の一つです。文字通り「永遠に」続くよう創造されるものなのです。

マイケル・フリードマン

コンプリケーション部門責任者

Musée Atelier
Audemars Piguet

現在マニュファクチュールは美しいガラスのスパイラルのミュゼ アトリエ オーデマ ピゲの中央に位置する専用のアトリエで、年間に8本ほど、いくつかのコレクションでグランド コンプリカシオンウォッチを製造しています。