オーデマ ピゲの時計師たちは数世紀にわたって、楽器のように美しい音を奏でる洗練されたソヌリウォッチを作りたいという夢を持っていました。

ソヌリのメカニズムはオーデマ ピゲのDNAに深く刻まれています。1882年から1892年にかけて製造された1625本の時計の半分以上がソヌリのメカニズムを搭載していました。マニュファクチュールはグランドソヌリ、プチソヌリ、 ミニッツリピーター の非常に複雑なメカニズムを製造してきました。

ソヌリ

ミニッツリピーター

ミニッツリピーターは時と分をオンコマンドで鳴らします。機械的なプログラムによりシークエンスを720回まで鳴らすことができます(これはウォッチに表示される12時間の分の総数にあたる)。時は低音、分は高音、クォーターは高音と低音の組み合わせで鳴らします。ケースの側面にあるスライドでコマンドするとソヌリのメカニズムが作動し、強化スティールのゴングをハンマーが打音してシークエンスが鳴ります。

重要な数字

2

ゴングとハンマーの数は専門家の耳により完璧に調整されています。

720

ミニッツリピーター にプログラムされているメロディーの数

40未満

オーデマ ピゲが毎年製造するミニッツリピーターーの数量

35

APが1892年から1992年までの間に製造したミニッツリピーターウォッチの数量

498

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ コレクションに追加された最新のグランドソヌリのムーブメント、キャリバー2956の部品数

グランドソヌリは最も複雑なシングルコンプリケーションです。

セバスチャン・ヴィヴァス

ヘリテージ&ミュージアム ディレクター

グランドソヌリ

グランドソヌリは伝統的なミニッツリピーターのように時、クォーター、分をオンコマンドで鳴らすことができるだけではありません。時計塔のようにコマンドしなくとも 常に時とクォーターを鳴らすことができます。

グランドソヌリは最も複雑で洗練されたコンプリケーションの一つで、現在でも非常に希少なウォッチです。今日、オーデマ ピゲでグランドソヌリの組み立てと調整をすることができるのはほんの数人の熟練時計師だけです。

重要な数字

28

1882年から1892年にかけて、グランドソヌリを備えていた懐中時計の数

0

1892年から1957年の間に製造された、複雑なグランドソヌリを含むミニッツリピーターウォッチの数

1994

オーデマ ピゲが最初のグランドソヌリウォッチを発表した年

グランドソヌリはソヌリウォッチの最高峰。時とクォーターが自動的に完璧に鳴るには、オーケストラのように全ての部品がぴったりとシンクロしていなくてはなりません。

ルカス・ラッジ

開発ディレクター

スーパーソヌリのテクノロジー

オーデマ ピゲはスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)との8年に及ぶ開発研究を経て、2015年に特許保持のスーパーソヌリの技術を発表しました。

ロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリでは、音のくぐもりをなくし大きく増幅するため、特別に開発した新しい構造のケースを採用しました。通常の ミニッツリピーター のテクノロジーでは、ゴングは地板に固定されていますが、ロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリでは、ゴングは音響板のような新しい装置に取り付けられており、振動がダイレクトに届きます。このテクノロジーはギターの胴の上半分のような機能を果たします。振動を伝える空間のシステムを変えることにより、音質、音色と増幅がより豊かに改善されました。