オーデマ ピゲの時計師たちは、伝統に基づきどの世代も新たな機能、優れた信頼性、最大の効果を持つメカニズムを作り出してきました。

トゥールビヨンと特殊なエスケープメント

トゥールビヨン

アブラハム=ルイ・ブレゲが1801年に開発したトゥールビヨンは、懐中時計が垂直の姿勢にある時に重力の影響を補正するものでした。その原則は今日も変わりません。エスケープメント部分(テンプと歯車、脱進歯車、レバー)が1分で一回転するキャリッジの中に組み込まれます。回転するキャリッジにより部品のポジションが常に変化し、重力の影響により生まれる歩度の誤差を補正します。

オーデマ ピゲは、1986年に世界初の自動巻きトゥールビヨンウォッチを発表し、トゥールビヨンウォッチの開発に先駆的な役割を果たしました。このトゥールビヨンは径7.2ミリで現在でも世界最小です。このウォッチは高級ウォッチ市場に新たな道を拓き、トゥールビヨンというメカニズムの存在感を広めました。

オートオルロジュリーの希少なメカニズムであるトゥールビヨンは、今日まで時計づくりの技術とアートのシンボルとして評価されてきました。このメカニズムを熟知する時計ブランドは非常に少数です。

重要な数字

1986

オーデマ ピゲが世界初のトゥールビヨンウォッチを完成させた年。 – model 25643.

60

トゥールビヨンが重力の影響を補正しながら一回転するのに要する秒数。

オーデマ ピゲ エスケープメント

2006年、マニュファクチュールは新しいダイレクトインパルス エスケープメントを、トラディション デクセレンスN° 5に搭載して発表しました。エスケープメントはバレルからムーブメントに、滑らかで安定したエネルギーを伝達します。18世紀の時計師ロベール・ロバンの作品にインスパイアされたオーデマ ピゲの新しいエスケープメントは、エネルギーをエスケープメント歯車からテンプへ直接に伝達します。ダイレクトインパルス エスケープメントの高い効率とスイスの伝統のレバーエスケープメントの信頼性とを組み合わせたものです。これによりマニュファクチュールは、エネルギー損失を減らし、パレット石の潤滑油の必要をなくしました。このような技術進歩により歩度の精度が上がり、長期の安定性と耐衝撃性が向上しました。

新しいエスケープメントの特徴は非常に珍しいその構造で、テンプは一つだけではなく二つが重ねられています。逆方向に平らに重ねたダブルテンプのシステムは、ウォッチが縦の姿勢になっている時のテンプの動きによる誤差を自動的に補正することができます。トゥールビヨンのような複雑な装置も必要なくなリます。

重要な数字

7

このメカニズムをウォッチの中に組み込むためには長年の開発期間が必要でした。

20%

従来のムーブメントよりもオーデマ ピゲのエスケープメントは省エネルギーです。

43,200

Number of times the balance wheel oscillates per hour.

ダブル バランスホイール エスケープメント

ウォッチの信頼性は最も難しいエンジニアリングの課題です。じっと動かない置時計と違い、腕時計は常に動いているし、その精度は重力の影響を受け、密封性を保ち、温度変化に耐え、あらゆる種類の衝撃に耐えなければなりません。

オーデマ ピゲはこれらの課題を、2つのテンプとヒゲゼンマイを同軸に組み立てることによって解決しました。2016年に発表されたこのダブル調整機構は、テンプを完全にシンクロ作動させウォッチの精度を向上させました。ダブル バランスホイールはデザイン的メリットもあります:ウォッチの鼓動するハートがムーブメントのどちら側からも見えるのです。それはオートオルロジュリーでは非常に高く評価されています。