伝統とアバンギャルドは、織物の縦糸と横糸のように一体となっています。長年にわたりオーデマ ピゲでは、幾世代もの才能あるクラフツマンたちが常に新たなスキルと技術を開発し、ノウハウを駆使して大胆なトレンドを作り出してきました。このようなイノベーションによりオートオルロジュリーは進化してきたのです。

前向きな姿勢

創立以来オーデマ ピゲは独自の道を歩み、信念に従って進んできました。工業化の兆しが見え出した時代にあって、1875年に二人の共同創立者が手づくりのユニークなタイムピースの製造を決めたことから、すべてが始まりました。伝統を守りながらも彼らは技術研究を進め、より小さく薄くするだけでなく、新たなテクノロジーを開発してコンプリケーションの機能を向上させました。

このような先駆的精神により、オーデマ ピゲは多くの世界初を発表しました。ルイ・ブラント&フレールと共同で製造した1892年の最初の腕時計、1921年には世界で最も薄い懐中時計。このムーブメントはわずか1.32ミリでした(キャリバー17SVF#5)。技術的成果に加え、前衛的なデザインが登場したことで、時計産業は新たな時代に入って行きます。

1972年にはロイヤル オークがスティールをゴールドと同じステイタスに引き上げます。ロイヤル オーク オフショア(1993年)とロイヤル オーク コンセプト(2002年)はタンタルム、セラミック、フォジドカーボン®などの新しい多様な素材を実験的に使用する華やかな舞台となりました。

ここでオーデマ ピゲの最新のイノベーションをご紹介しましょう。

ロイヤル オーク

ジェラルド・ジェンタのデザインによりオーデマ ピゲが1972年に発表したロイヤル オークは、市場に大きな驚きをもたらしました。大きな39ミリのトノー型ケース、八角形のベゼルに六角形の8本のビス、独特の「タペストリー」ダイヤル、ファセットが施されたブレスレット、そして手仕上げの高級スティールケースがその特徴です。このウォッチは当時のデザインの常識を覆しました。当時、メンズドレスウォッチは丸型で小型、クラシックなデザインで貴金属ケースでした。

ジェンタのアイデアは、1967年発売の世界で最も薄いデイト付自動巻きムーブメント (3.05 ミリ)をステンレススティールの丈夫な盾で包むことでした。オートオルロジュリーでは使われることのないゴールドより遥かに硬いこの素材は、新たなツールと技術への投資を必要としました。ロイヤル オークのスティールケースとブレスレットは、ハンドポリッシュとサテンブラッシュを組み合わせた洗練された仕上げで、以来ブランドのトレードマークとなっています。スティールという素材が初めてゴールドに並ぶステイタスに引き上げられました。

初代ロイヤル オーク ウォッチのクローズアップ

オーデマ ピゲはいつも片足を伝統の上に、もう一方の足を未来の時計作りとデザインにしっかりと据えているといってよいでしょう。

Jasmine Audemars

Chairwoman of the Board of Directors

RD#3:
ロイヤル オーク フライング トゥールビヨン エクストラ シン

2022年、オーデマ ピゲは最新の研究開発の成果であるRD#3を、アイコンのコレクションのジュビレーモデル、ロイヤル オーク フライングトゥールビヨン エクストラ シンとして発表しました。この39ミリのステンレススティールモデルは厚さ 8.1 ミリ。"ジャンボ"の歴史で初めて自動巻きフライングトゥールビヨンを搭載しました。マニュファクチュールの新しい自動巻きウルトラ シン フライングトゥールビヨン ムーブメント、キャリバー2968を搭載。厚さわずか3.4ミリ、伝統の装飾とコンテンポラリーな手装飾で仕上げています。

以前は41ミリケースに搭載されていたこのコンプリケーションをよりスモールサイズの"ジャンボ"に搭載するため、オーデマ ピゲのエンジニアと時計師たちは多くの挑戦を重ねました。エクストラ シンのフォームに対応するため、このフライングトゥールビヨンはいくつかの部品の配置を変更して厚みを減らすことが必要でした。トゥールビヨンキャリッジはチタン製で、今回初めて周辺駆動となっています。この二つの要素によりトゥールビヨンに伝達されるエネルギーはよりスムーズなものになり、キャリッジを軽やかで繊細なものにすることができました。

オーデマ ピゲのエンジニアたちはトゥールビヨンがよく見えるよう、メカニズムの構造に新たな変更を加えました。キャリバー2968の新しいエスケープメントはメカニズムの一部が見えるようにしてデザイン性をアピールしています。ウォッチの鼓動するハートが少しでもよく見えるよう、テンプの形状と配置も見直されました。フライングトゥールビヨンをダイヤルのレベルに置くことで、ムーブメントの技術的デザインがよりビジュアルにアピールされます。

この方向をさらに進め、9月には別のカラーのダイヤルを組み合わせた37ミリのスモールバージョンが発売されます。

 

誕生から 50 年を迎えたロイヤル オークは今も進化を続 けています。ファッショナブルな感性、未知のスタイル への挑戦を続けながらさらに新たな 50 年に向かいます。 技術開発とデザインの探求を実現したこの新しいフライン グトゥールビヨン エクストラ シンは、クラシックな 39 ミ リ径の "ジャンボ "として登場し、さらに 37 ミリ径のバー ジョンも加わります。最先端技術による仕上げとコントラ ストを強調した、より小さなキャリッジが生き生きと眼前 に現れるよう、ムーブメントの構造が設計されています

マイケル・フリードマン

コンプリケーション部門責任者

ロイヤル オーク 自動巻パーペチュアルカレンダー ウルトラシンウォッチのクローズアップ

RD#2: ロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー ウルトラ シン

2018年発表のロイヤル オークRD#2は、時計製造の新たな記録を達成しました。ロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー ウルトラ シンは、ムーブメント厚2.89ミリ、ケース厚6.3ミリ。世界で最も薄い自動巻きパーペチュアルカレンダーウォッチとなりました。

RD#1: ロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリ

2015年に発表されたRD#1はロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリのプロトタイプで、伝統的なミニッツリピーターのケース構造とは全く違っています。オーデマ ピゲの特許保持スーパーソヌリ テクノロジーは、ローザンヌのスイス邦工科大学(EPFL)との8年に及ぶ開発研究の成果によるものです。

ロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリのヘッドのクローズアップ
ロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリのクローズアップ

従来のミニッツリピーターの力強い音質や楽器のハーモニーを参考に、時計師、技術者、学者と音楽家で構成されたチームが新しいソヌリのテクノロジーを求め、ウォッチケースの研究を進めました。スーパーソヌリの優れた音響パワー、音質とハーモニーのトーンは、特許保持のゴングとケース構造、打音レギュレーターにより得られるものです。ゴングはメインプレートには取り付けず、音響板として機能する新しい装置にセットされています。これにより音のくぐもりをなくし大きく増幅することが可能となりました。新たに設計された打音レギュレーターは柔軟なアンカーシステムにより不要なノイズを消します。この革新的なスーパーソヌリのテクノロジーによりテンポもより正確になっています。

ロイヤル オーク コンセプト ラップタイマー

2015年、オーデマ ピゲは伝説的なF1ドライバーと提携し、ロイヤル オーク コンセプト ラップタイマー ミハエル・シューマハを発表。2010年にF1ドライバーのシューマハは、レースで複数のラップタイムを連続して測定できる機械式ウォッチの開発をオーデマ ピゲのエンジニアに提案しました。そのような機能はそれまではデジタルウォッチにしかありませんでした。

ロイヤル オーク コンセプト ラップタイマーのクローズアップ
ロイヤル オーク コンセプト ラップタイマーのクローズアップ

5年後、マニュファクチュールが発表したのは特許保持のラップタイマーで、シングルクロノグラフがセンターの2本のスイープ秒針を駆動させ、3つのプッシュピースがそれぞれを制御するというものでした。スタート/ストップのプッシュピースは2時位置。リセットプッシューピースは4時位置。クロノグラフ測定ではフライバック機能もあり、ラップタイマープッシュピースは9時位置です。3番目のプッシュピースは2本のクロノグラフ針の一つをストップさせ、もう一つの針をゼロリセットすると同時に再スタートさせます。今終わったラップを記録しているうちに、次のラップがもう始まっています。これを何度でも繰り返すことができます。