伝統とアバンギャルドは、織物の縦糸と横糸のように一体となっています。長年にわたりオーデマ ピゲでは、幾世代もの才能あるクラフツマンたちが常に新たなスキルと技術を開発し、ノウハウを駆使して大胆なトレンドを作り出してきました。このようなイノベーションによりオートオルロジュリーは進化してきたのです。

前向きな姿勢

Since the inception of the company, Audemars Piguet has forged its own path and followed its firm convictions. It all started with the two founders’ key decision in 1875 to craft unique timepieces by hand at a time when industrialisation was looming. Yet, despite their commitment to traditions, they consistently advanced their craft, not only by doing smaller and thinner, but also by leveraging new technologies to improve complications and functionalities.

This pioneering spirit led Audemars Piguet to reach numerous world firsts, starting in 1892 with the very first wristwatch, crafted in collaboration with Louis Brandt & Frères, and followed in 1921 with the thinnest pocket watch ever crafted with a movement of only 1.32 mm (calibre 17SVF#5).

Technical breakthroughs have been complemented over the years by the introduction of avant-garde designs which oriented the watch industry into new directions. While the Royal Oak ennobled steel to the same status as gold in 1972, the Royal Oak Offshore (1993) and the Royal Oak Concept (200) became platforms of experimentation notably for the introduction of materials as diverse as tantalum, ceramics and forged carbon®.

Here are some of Audemars Piguet’s latest chapters in terms of innovation.

ロイヤル オーク

ジェラルド・ジェンタのデザインによりオーデマ ピゲが1972年に発表したロイヤル オークは、市場に大きな驚きをもたらしました。大きな39ミリのトノー型ケース、八角形のベゼルに六角形の8本のビス、独特の「タペストリー」ダイヤル、ファセットが施されたブレスレット、そして手仕上げの高級スティールケースがその特徴です。このウォッチは当時のデザインの常識を覆しました。当時、メンズドレスウォッチは丸型で小型、クラシックなデザインで貴金属ケースでした。

ジェンタのアイデアは、1967年発売の世界で最も薄いデイト付自動巻きムーブメント (3.05 ミリ)をステンレススティールの丈夫な盾で包むことでした。オートオルロジュリーでは使われることのないゴールドより遥かに硬いこの素材は、新たなツールと技術への投資を必要としました。ロイヤル オークのスティールケースとブレスレットは、ハンドポリッシュとサテンブラッシュを組み合わせた洗練された仕上げで、以来ブランドのトレードマークとなっています。スティールという素材が初めてゴールドに並ぶステイタスに引き上げられました。

Audemars Piguet has always kept one foot rooted in tradition and one foot stepping into the future of horological technology and design.

Jasmine Audemars

Chairwoman of the Board of Directors

RD#1: ロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリ

2015年に発表されたRD#1はロイヤル オーク コンセプト スーパーソヌリのプロトタイプで、伝統的なミニッツリピーターのケース構造とは全く違っています。オーデマ ピゲの特許保持スーパーソヌリ テクノロジーは、ローザンヌのスイス邦工科大学(EPFL)との8年に及ぶ開発研究の成果によるものです。

従来のミニッツリピーターの力強い音質や楽器のハーモニーを参考に、時計師、技術者、学者と音楽家で構成されたチームが新しいソヌリのテクノロジーを求め、ウォッチケースの研究を進めました。スーパーソヌリの優れた音響パワー、音質とハーモニーのトーンは、特許保持のゴングとケース構造、打音レギュレーターにより得られるものです。ゴングはメインプレートには取り付けず、音響板として機能する新しい装置にセットされています。これにより音のくぐもりをなくし大きく増幅することが可能となりました。新たに設計された打音レギュレーターは柔軟なアンカーシステムにより不要なノイズを消します。この革新的なスーパーソヌリのテクノロジーによりテンポもより正確になっています。

RD#2: ロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー ウルトラ シン

2018年発表のロイヤル オークRD#2は、時計製造の新たな記録を達成しました。ロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー ウルトラ シンは、ムーブメント厚2.89ミリ、ケース厚6.3ミリ。世界で最も薄い自動巻きパーペチュアルカレンダーウォッチとなりました。

ロイヤル オーク コンセプト ラップタイマー

2015年、オーデマ ピゲは伝説的なF1ドライバーと提携し、ロイヤル オーク コンセプト ラップタイマー ミハエル・シューマハを発表。2010年にF1ドライバーのシューマハは、レースで複数のラップタイムを連続して測定できる機械式ウォッチの開発をオーデマ ピゲのエンジニアに提案しました。そのような機能はそれまではデジタルウォッチにしかありませんでした。

5年後、マニュファクチュールが発表したのは特許保持のラップタイマーで、シングルクロノグラフがセンターの2本のスイープ秒針を駆動させ、3つのプッシュピースがそれぞれを制御するというものでした。スタート/ストップのプッシュピースは2時位置。リセットプッシューピースは4時位置。クロノグラフ測定ではフライバック機能もあり、ラップタイマープッシュピースは9時位置です。3番目のプッシュピースは2本のクロノグラフ針の一つをストップさせ、もう一つの針をゼロリセットすると同時に再スタートさせます。今終わったラップを記録しているうちに、次のラップがもう始まっています。これを何度でも繰り返すことができます。