最新ストーリーを見る

KOLKOZ、「CURIOSITY(キュリオシティ)」

フランスのデュオアーティストKolkozの「Curiosity(キュリオシティ)」は、2013年のマイアミビーチ アートバーゼルで発表されました。ギャラリー ペロタンとの提携により展示された作品Curiosity(キュリオシティ)は、マイアミのビスケイン湾のトルコブルーの海に浮かぶ、雪におおわれた膨らますシャレーです。熱帯大西洋の氷山の上に乗ったかのような雪におおわれたシャレー。オーデマ ピゲのある遠いアルプスの風景、そして新技術とデザインのテリトリーを探求するマニュファクチュールの姿勢を象徴しています。シャレーは旧マイアミ マリン スタジアムの隣に係留されました。1963年に建てられたこのモダンなスタジアムはパワーボートレースを一度開催した後に、ハリケーンにより一部が破壊されてしまいました。見学者はこの膨らました「木の」合成構造物の中に入ることができます。

フロリダの太陽の下で、マイアミの摩天楼を海に浮かんだシャレーから眺めるのはなんとも不可思議な体験でした。

模擬的な世界とその相互作用が異なる現実をいかに浮き彫りにするか、逆にいかに異なった見方ができるかについて興味を持っている

KOLKOZ

Kolkoz

パリを拠点に15年以上前から活動するバンジャマン・モロー(1973年生)とサミュエル・ブトリュシュ(1972年生)のデュオKolkozは、ビデオ、スカルプチャー、写真、ニューメディアをクロスさせながら現実とバー チャルの曖昧な境界を浮かび上がらせる試みを続けてきました。メキシコシティ、パリ、ニューヨーク、ドバイ、マイアミなどでのエキシビションを通じてコンテンポラリーアートと社会の開放について発信してきました。Kolkozは多くの個展とグループエキシビションを行っています。その中には、ベイジンのUCCA Center for Contemporary Art、ベルリンのWentrup、パリのGalerie Perrotin、メキシコシティのGallery OMR、パリの現代美術館、マイアミのBASS Museumなどがあります。彼らの作品は、パリのポンピドゥーセンター、現代美術館、国立コンテンポラリーアート財団、

メキシコシティのColección Jumexなど公共機関のコレクションに収められています。