最新ストーリーを見る

テオ・ヤンセン、「ストランドビースト」

オーデマ ピゲはピーボディ エセックス ミュージアム (PEM)との提携のもとに、テオ・ヤンセンの風力で動く6つのクリエイチャー、ストランドビースト(オランダ語で「砂浜のビースト」)を2014年のマイアミビーチ アートバーゼルで発表しました。生き物のように不思議な動きをするヤンセンのストランドビーストは、PVCチューブやプラスチックボトル、リサイクル素材などで見事に構成されています。

ヤンセンのストランドビーストはこの30年来、砂浜で実験と開発を重ねてきました。当初の大雑把な構造から次第に複雑なクリエイチャーとなり、環境に順応して風力を蓄えたり、水を感じると方向を変えたり、嵐がくると座ったりします。

生命の新しい形をつくる試み

テオ・ヤンセン

テオ・ヤンセン

オランダ出身のアーティスト、エンジニアで発明家のテオ・ヤンセン(1948年生)はデルフト工科大学で物理学を学んだ後、アートの分野に進み画家となりました。大学では学士号を取りませんでしたが、物理学、特に流体力学、ロボット工学に情熱をもち、いつも創造的な作品を作っていました。ヤンセンの最も有名なプロジェクトである「ストランドビースト」(または「ビーチースト」)は大きな動く像で、ソフトウェア プログラムを使って設計された人工的な模擬の生命体です。しかもごく普通の電気工事のパイプを使って組み立てられています。ヤンセンの最初のモデルは、海岸の侵食への対策として作られました。彼のアイデアは風力のクリエイチャーが後退する水際から砂を押して、上がってくる海に対する自然のバリアを作ることでした。 

ヤンセンの作品は世界に紹介されて評判となり、2005年にMax Reneman賞、アースエレクトロニカの審査員賞を受賞しました。ストランドビーストについて語った2007年のTEDトークは、400万人以上の視聴を集めました。