最新ストーリーを見る

フィービー・ホイ、
The Moon is Leaving Us(月が離れていく)

2019年、香港を拠点とするアーティスト、フィービー・ホイは第五回オーデマ ピゲ アートコミッションの制作者に選ばれました。プロジェクトのゲストキュレーターのイン・クウォックは、最近Tai Kwunアート&ヘリテージセンター のシニアキュレーター(デジタルとヘリテージ)として選ばれています。ホイの作品は、2021年4月25日から5月23日までアジアで初めて開かれるオーデマ ピゲ アートコミッションで、Tai Kwunのデュプレックス スタジオで展示されます。

COVID-19対策により、エキシビションの見学はリモートのみとなります。

オーデマ ピゲ アートコミッションは、スイス オートオルロジュリー マニュファクチュールの一部門、オーデマ ピゲ コンテンポラリーが2年毎に開催するコンペティションです。アートコミッションでは、まだ世界的な知名度のない新進アーティストを選び、独立した著名なゲストキュレーターのサポートの下に、これまでのキャリアの中でも「初の」スケールの大規模な作品を制作します。選ばれたアーティストはその地域のベテランのゲストキュレーター、そしてオーデマ ピゲ コンテンポラリーチームと仕事をする機会を得ます。チームはプロジェクトの企画から開発、作品の展示まで、二人をサポートし支援します。

ホイの大規模インスタレーション「月が離れて行く」は、科学の世界と私たちの宇宙の理解にとって、表現・描写というものが果たす役割の重要さを示しています。二つの主要な部分から成り立っています:セレナは月の絵を描くカスタムメイドのロボット。セレナイトはパラボラ型に備えられた48のメカニカルな腕を持つ動力ロボットで、48のユニークなスクリーンに月の異なる画像を映し出します。

最新の科学データと16世紀にさかのぼる歴史的な月の観察像にインスパイアされ、アーティストは歴史に見える宇宙のイメージと、最新の科学的映像とを並列し、それをデータとして解釈、見える世界/見えない世界を描写する媒体ツールに伝えるロボット装置を準備しました。

ホイは私たちがそれぞれのやり方で月を表現していることを示し、そしてある時、科学とポエジーの境界があいまいになり、地球のたった一つの衛星と私たちが地球規模でシェアしている文化的なつながりに新たな光があたります。

アーティストは認識論的アプローチにより、科学的事実と絡みあったメランコリックな感情の中に、月が少しずつ地球から離れて行っていることを意識します。

ガイド付バーチャル見学を予約する

COVID-19対策により、エキシビションの見学はリモートのみとなります。ここをクリックすると、エキシビションのバーチャル見学を予約することができます。オーデマ ピゲ コンテンポラリーのキュレーター、オードレイ・タイクマンがズームを通してご案内します。

エキシビションのバーチャル見学をする

「月は人々の心の中に特別な位置を占めています。住むこともできない、とても遠くにあり、冒険心をかきたてる想像の場所。それなのに離れている家族や友人を結びつけるような気がします。未来と開かれた可能性の象徴である月に、私は物心ついた頃から惹かれていました。」

フィービー・ホイ

エキシビションについて

「宇宙飛行士というのは日々の生活から離れ、現実を理解するため別の新しい方法を模索する必要を象徴しています。コンテンポラリーアートがそうであるように、世界を見つめる代替的ビジョンを育むのです。私たちのふだんの水平線がいかに限られたものであるか、考えれば考えるほど、現実は定数ではなく変数であると思えるようになりました。「月が離れていく」は、大自然と目に見えないものの世界の対立について、私たちが事実であると思っていることに疑問を投げかけます。私は芸術空間を都市のサンクチュアリ(神殿)にしたい。

見学者がこの世界との関係を探検し、思索し、築き、再び構築する、そういうスペースです。

 

エキシビションをフォローし、セレナとセレナイトのクローズアップをビデオでご覧ください。

アーティストについて:フィービー・ホイ

フィービー・ホイは、言語、サウンド、テクノロジーの関係の中で創作してる学際的アーティスト兼リサーチャーです。最近の作品では科学、システム美学、不確定性の考え方から引き出された学際的なアイデアを多く扱っています。ホイはロサンゼルスのUCLAデザインメディアアートで美術学修士号を、ロンドンのCentral Saint Martins College of Art and Designで美術学修士号を、香港のシティユニバーシティでクリエイティブメディア学士号を修めました。ホイは多くの研究員資格と賞を受賞しています。その中にはHKETOエール チャイナ アート研究奨学金、香港芸術開発委員会ヤングアーティスト賞(メディアアート)、アジア文化委員会アリタス研究奨学金、ブルームバーグ新進アーティスト賞、アジア文化委員会日米アートプログラム調査研究奨学金、香港芸術開発委員会アート奨学金、香港デザイン協会デザイン学生奨学金などがあります。またリサーチをベースとした芸術作品と論文で世界各地に活動の幅を広げています。その中にはアーツ・エレクトロニカ、ISEA、MITメディアラボ、アジアン コンテンポラリー アート ウィーク、メトロポリタン美術館、国際アート&アイデア フェスティバルなどがあります。

ゲストキュレーターについて:イン・クォック

イン・クォックはTai Kwun(大館)ヘリテージ&アートセンターのデジタル&ヘリテージ部門のシニアキュレーターに最近就任しました。彼女はアーティストとコミュニティーの間の「コラボの境界」にフォーカスした、新鮮なキュレーターアプローチで知られています。2006年から2012年までイギリス、マンチェスターの中国アートセンターのキュレーターを務めました。多くの国際的エキシビションで共同キュレーターを務めています。その中にはアジア トリエンナーレ マンチェスターのハーモニアスソサエティ(2014年)、ポーランドのコンテンポラリーアートでラスニアセンターと共にFrom Longing to Belonging(2104年、2016年)、ニューヨークのママギャラリーのNo Cause for Alarm(2016年)、オンラインフェスティバルPeer to PeerのUK/HK (2020)などがあります。2015年にアジア文化カウンシル奨学金を受賞し、アメリカで社会活動プロジェクトに参加して5か月のリサーチを行いました。香港での批判的思考と有効な討論を促進するため、クォックはローカルの美術関係者たちのグループと共に、アート アプレイザル クラブを創設しました。クラブでは定期的にエキシビションをレビューし、その記事は業界誌や美術・文化のプラットフォームに掲載されています。クォックは2017年の第57回ヴェネツィアビエンナーレの香港展示のキュレーターを務めました。