ロイヤル オーク オフショア

1993年に発売されたロイヤル オーク オフショア コレクションは「ビースト」の異名で知られます。既存の概念を打ち破り、ロイヤル オークのデザインコードをよりスポーティに、より強靭にエクストリームスポーツに適したビッグウォッチのトレンドを市場に放ち、90年代のライフスタイルを見事に表現しました。

コレクションは常に可能性の限界をを押し進めつつ素材、サイズ、カラーをクリエイティブに展開する一方で、時計作りの伝統をしっかりと尊重。

43ミリの新世代

今年オーデマ ピゲは、ロイヤル オーク オフショアの43ミリサイズバージョンにより新たな個性を打ち出しました。

42ミリの新たな展開

オーデマ ピゲはさらに42ミリのロイヤル オーク オフショア クロノグラフモデルも加えました。ステンレススティール、チタン、または18Kピンクゴールドのケースに、「プチタペストリー」または「グランドタペストリー」のダイヤルを数色で展開。

42ミリのロイヤル オーク オフショアはマニュファクチュールの一体型フライバッククロノグラフ、最新の自動巻キャリバー4404を搭載。新しいサファイアケースバックを通して見ることができます。

交換可能ストラップシステム

42ミリと43ミリのモデルは交換可能ストラップシステムを備えています。オーナーは次の冒険に合わせて、ロイヤルオーク オフショアのスタイリングを準備することができます。

ブティック検索

Inside view of a Audemars Piguet boutique.