最新ストーリーを見る

"APクロニクルズ ロイヤル オークの物語"

ジェラルド・ジェンタによるロイヤル オーク5402の最初のスケッチ

コレクターの皆様、好奇心に富んだ読者の皆様にお届けするAPクロノクルズは、オーデマ ピゲ ヘリテージ チームの長年にわたる調査の成果を受け、1972年から現在までのロイヤル オークコレクションの歴史の正式な情報ソースとなることを目指しています。歴史的、技術的、人間的な観点から、ロイヤル オークの機械式キャリバー搭載モデルの全容を記録するものです。

最初の10年間をカバーする第一部は、ロイヤル オーク50周年記念の2022年にリリースされました。

3つのロイヤル オーク15202、イエローゴールドとステンレススティール

ロイヤル オークに光をあてる

APクロニクルズプロジェクトはロイヤル オーク50周年が近づく2019年に生まれました。有名なロイヤル オークの誕生の経緯については、これまでも幾度となく語られ、プレスや書籍、リーフレットで紹介されてきました。このように多くの情報があふれているので、もう全てが繰り返し語り尽くされているという感じをお持ちかもしれません。しかしよく見ると、ストーリーが食い違っていたり、情報源が示されていないとか、何度も繰り返されるうち少しずつ変化している、または多くの疑問が未解決のままになっていることに気づきます。

1972年から2021年のロイヤル オークに関する発行物

長期的な百科全書的取り組み

ロイヤル オークの物語に信頼性のある証明を加えるため、チームはできるだけ透明な形で編纂を行い、発行することとしました。興味を持つ人々から博識のコレクターまで広いターゲットを対象とし、関連情報を盛り込むこととしました。

この百科全書的で広範な取り組みでは、グローバルで歴史的な背景(経済、文化の変化、スイスの歴史、世界の時計製造、ファッション、テクノロジーなど)、またより専門的な文脈(オーデマ ピゲの歴史、地域の同業者たち、製造の方法、製造工場の構造など)を盛り込みました。さらにウォッチ自体の履歴も調べる必要がありました。それらは最初のスケッチから詳細なディテール(ブレスレット344のラグの穴の動き、モデル5402のダイヤルのダイヤモンドセットの数など)までを含むものです。そしてジェラルド・ジェンタやジョルジュ・ゴレイ、ジャクリーヌ・ディミエなどの人物像を描き出し、バーゼルフェア、ジュネーブ、ル・ブラッシュの小さな村など、キーポイントとなる場所についても詳述しています。

ロイヤル オークの歴史

ロイヤルオークに関する記事を読む

ロイヤル オーク ピンクゴールドのケースバック