野獣は放たれた

ロイヤル オーク オフショア、 Ref. 25721, No. 32

Ref. 25721, No. 32

ロイヤル オーク オフショア、

新しいタイムピースの開発は、方向性へのためらい、平行したアイデア、技術的挑戦、市場の不透明性、市場の反応など、多くの課題を抱えながら進む旅でもあります。1989年から1993年の間のロイヤル オーク オフショアの開発の歴史には、オリジナルのデザインソースとインスピレーションである1 972年のロイヤル オークの歴史と多くの共通点がありしました。

新しいタイムピースの開発は、方向性へのためらい、平行したアイデア、技術的挑戦、市場の不透明性、市場の反応など、多くの課題を抱えながら進む旅でもあります。1989年から1993年の間のロイヤル オーク オフショアの開発の歴史には、オリジナルのデザインソースとインスピレーションである1 972年のロイヤル オークの歴史と多くの共通点がありしました。

オフショア誕生の物語は1989年、APの才能ある若い新世代のデザイナー、エマニュエル・ゲイエが、ロイヤル オークの全てのパワーと要素を維持しつつそれをさらに充実させたウォッチ、活動的でアドベンチャー志向のコレクターの腕に映えるようなウォッチのスケッチを提案した時に始まりました。ゲイエのコンセプショナルなスケッチは社内ではあまり評判がよくありませんでした。

多くの成功例がそうであるように、開発初期のうちは寂しい旅だったといえます。幸いなことに、このプロジェクトは当時のAPの共同会長が応援してくれました。それだけでなく、オフショアという名前を最終的に選んでくれたのも彼だったのです。

ジェンタのオリジナルのロイヤル オークがオフショアの重要なリファレンスであったことは言うまでもありませんが、新しいデザインはオリジナルに較べいくつかの特徴が追加されており、これがオフショアのキャラクターとなりました。最も大きな変化は、42ミリという大胆なサイズです。2014年の現在では珍しいものではありませんが、1993年にバーゼルワールドで発表された時には衝撃的なものでした。その驚くべきサイズから「ビースト(野獣)」というあだ名がついた位です。

サイズだけでなくクロノグラフのコンプリケーションその他の機能を搭載したオフショアは大きな注目を集めました。ストラップのカーブしたリンク、ベゼルに見せたブラックガスケットの存在感、クロノグラフ操作ボタンとリューズのシリコンキャップ、スタイリッシュなリューズガード、ゆったりしたサイズを利用しムーブメントを対磁カバーに入れたことなどです。

ジェンタのオリジナルのロイヤル オークがオフショアの重要なリファレンスであったことは言うまでもありませんが、新しいデザインはオリジナルに較べいくつかの特徴が追加されており、これがオフショアのキャラクターとなりました。最も大きな変化は、42ミリという大胆なサイズです。2014年の現在では珍しいものではありませんが、1993年にバーゼルワールドで発表された時には衝撃的なものでした。その驚くべきサイズから「ビースト(野獣)」というあだ名がついた位です。

サイズだけでなくクロノグラフのコンプリケーションその他の機能を搭載したオフショアは大きな注目を集めました。ストラップのカーブしたリンク、ベゼルに見せたブラックガスケットの存在感、クロノグラフ操作ボタンとリューズのシリコンキャップ、スタイリッシュなリューズガード、ゆったりしたサイズを利用しムーブメントを対磁カバーに入れたことなどです。

このウォッチはオーデマ ピゲ ミュージアムのコレクションに入っているもので、最初の100個のロットの中のNo. 32のピースです。この希有なロットの一部であるためオフショアの名はケースバックに記されていません。このロットのモデルは1972年のオリジナルのロイヤル オークと同じカラーコードを使っていますが、よく見るとタペストリーの仕上げがやや大きめであることがわかります。初期の100個のオフショアはこれらの珍しい特徴ゆえにコレクターに人気があるのです。

市場に登場以来20年、当時の「ビースト」は市場に完全に解き放たれました。オフショア ラインはAPの ケース新素材開発や大胆なデザインの実験的ラインとして、この20年間に42ミリのケースで118種にのぼるバリエーションが展開されています。1993年の登場以来、製造規格にチャレンジし大胆なデザインに挑み、ラグジュアリーとスポーツデザインの融合の象徴として由緒あるアイコンモデルとなりました。過去、そして未来のオーデマ ピゲの革新と進歩を示すように、オフショアは新たなベンチマークを記しトレンドの最先端をリードしています。オフショアはコレクターと時計愛好家たちにダイナミックなコレクションを提供するだけでなく、これから20年先のウォッチについて興味深く健康な議論を生むベースともなっています。