よくある質問

時計製造の一般的知識

01

時計製造用語でコンプリケーションとは何ですか?

コンプリケーションとは、時、分、秒表示に加えたそれ以外の表示機能です。例えばデイト、月齢、パワーリザーブ、クロノグラフ、ミニッツリピーターなどがそれにあたります。

コンプリケーション

02

巻上げに2種類ありますが、その違いは?

ウォッチの巻き上げ方、つまりウォッチを作動させるためのエネルギーがどのようにして伝えられるかの違いです。手巻ウォッチの場合:リューズを手で回して巻き上げます。自動巻ウォッチの場合:ウォッチは腕の動きにより巻き上げられます。ムーブメントの下部にあるローターが回転し、これにより巻き上げられます。自動巻ウォッチでもリューズを手で回して巻き上げることができます。

03

機械式ムーブメントとクォーツムーブメントのそれぞれの特徴は?

機械式ムーブメントでは多くの部品が使われており、これは3つのグループに分けることができます。エネルギー源、輪列機構、調速機構です。クォーツウォッチでは電池がエネルギーを提供し、電気モーターが電気信号を機械的パワーに置き換えます。機械式ウォッチに対するクォーツウォッチのメリットは、精度が高いことと数年間作動し続けることです。

04

ミニッツリピーターを一目で見分ける方法は?

ケースサイドにミニッツリピーターのオンオフを操作するスライドボタンがあるのが見えます。

05

クロノグラフとクロノメーターの違いは?

クロノグラフは、時刻表示とは別に、ある事象の継続時間を測ることのできるコンプリケーションです。クロノメーターは公式機関が発行する精度証明書をもつ高精度のウォッチです。COSCはスイスの公式クロノメーター検定オフィスで、クロノメーター証書を発行しています。

06

機械式ムーブメントには何個の部品が使われていますか?

機械式ムーブメントはそのキャリバーの特製、機能、コンプリケーションにより、100個から648個ほどの部品が使われています。