メイド イン ル・ブラッシュ

起源

オーデマ ピゲの歴史は1875年、複雑時計のメカニズムがビートを打つジュウ渓谷で始まりました。

複雑時計の揺り籠、ジュウ渓谷

オーデマ ピゲが生まれた場所であり、スイス高級時計制作の中心地でもあるジュウ渓谷は、ジュネーブの北、ジュラ山脈に囲まれた荘厳な美しさをたたえた岩地です。ジュウ渓谷の天然資源 – 特に森や水、氷、そして鉄鉱石を含んだ岩が、時計産業の発展・繁栄の素地となりました。

現代に至るまで、澄んだ夜空の鮮やかな眺めを楽しむことができるこの雄大な地域の手つかずの自然は、時計師にインスピレーションを与え続けています。天文学に基づく時計のメカニズムが時の経過を体現しているように、自然は常に、時を計測する機器の発展を促してきたのです。

メイド・イン・ル ブラッシュ

苛酷な環境とともに農民が暮らした場所

歴史を遡ると、17世紀末にかけて、農民たちは冬の間、日中の光に満たされた農家の上階で時計に関係するものづくりを行っていたことが分かっています。農民の住居が、歯車やケース、石、ブリッジ、ダイヤル、ゼンマイなどの時計部品を製作する洗練されたアトリエへと姿を変え、専門的な部品の製作や組立が行われていたのです。

オーデマ ピゲは、洗練された技法で細部を限界までこだわり、時計に芸術的な生命を吹き込んで真に卓越した唯一無二のアート作品を作り出すという、時計づくりの草創期を体現しています。その礎を支えているのは、1875年からオーデマ ピゲの職人の作業机で、世代から世代へと力を尽くして受け継がれてきた、他には見ることのできない職人技なのです。