コンプリケーション

チャイム

完璧な和音を奏でるためには、創造力と精密さを要します。

ミニッツリピーター

このコンプリケーションには最も多くの部品が使用され、その数が400を上回ることも珍しくありません。ミニッツリピーターは硬いスチールのゴングをたたくような音を奏でます。1時間ごとに低音のゴング、15分ごとに低音または高音のゴング、最後の15分の数分間を高音のゴングに設定することができます。

2または3

ゴングとハンマーの数は完璧に調整されています。

18

ミニッツリピーターが発明された世紀。日没後は時計を見るのではなく、時を聞くために開発された時計です。

548

コンプリケーションに使用されている部品数。

スーパーソヌリ

ロイヤル オーク コンセプト・スーパーソヌリは、新しく開発されたケース構造により、音の吸収や過度な増幅を避けることができます。ゴングは振動を地板ではなく、音響板に直接伝達します。

メイド イン ル・ブラッシュ

タイムキーピング(時間計測)

日差0.2秒の精度、求めに応じて時、15分、分を鳴らします。星の動きを表し、少なくとも100年以上にわたり日付調整は不要です。

さらに詳しく

タイムインターバル

長い年月をかけて習得した日差0.2秒の精度。コラムホイール式のクロノグラフはこれまでの挑戦から得られた最も驚くべき結果のひとつです。

さらに詳しく