コンプリケーション

チャイム

完璧な和音を奏でるためには、創造力と精密さを要します。

スーパーソヌリ

スーパーソヌリ

ロイヤルオーク コンセプト スーパーソヌリは、音の吸収を妨げ音響を増幅させる設計の新しいケースを使用しています。これまでのミニッツリピーターのテクノロジーでは、ゴングはプレートに固定されています。ロイヤルオーク コンセプト スーパーソヌリでは、ゴングはムーブメントの下部に広がる音響板の機能を持つ新装置に取りつけられています。こうしてゴングの振動はメインプレートではなく、直接に音響板に伝達されます。

ミニッツリピーター

このコンプリケーションには最も多くの部品が使用され、その数が400を上回ることも珍しくありません。ミニッツリピーターは硬いスチールのゴングをたたくような音を奏でます。1時間ごとに低音のゴング、15分ごとに低音または高音のゴング、最後の15分の数分間を高音のゴングに設定することができます。

2または3

18

ゴングとハンマーの数は完璧に調整されています。

18

ミニッツリピーターが発明された世紀。日没後は時計を見るのではなく、時を聞くために開発された時計です。

548

コンプリケーションに使用されている部品数。

メイド イン ル・ブラッシュ

タイムキーパー

5分の1秒台まで正確な時を計測する時計、1時間ごと、15分ごと、1分ごとに時を告げる時計、星の正確な位置を表示する時計、来世紀または2世紀先まで修正することなく正しい日付を表示する時計。小さなケースにおさめられた、さらに小さい時計機構にこうした複雑な機能を搭載させることは、時計職人にとって大いなる目標でした。

さらに詳しく

ストップウォッチ

5分の1秒の精度は、マスターするまでに1年を要します。これは今日に至るまで、最も技巧を要する時計機構のコンプリケーションのひとつで、完璧に達成するのが最も難しいといわれています。数種類の製造方法が開発されましたが、最もプレステージ性が高く、注目されるのはコラムホイール・クロノグラフです。

さらに詳しく