オーデマピゲは、モバイルウェブサイトを持ってい

モバイルにスイッチする
オーデマ ピゲ&ゴルフ

オーデマ ピゲ&ゴルフ

ゴルファー一人一人には、ウォッチメーカーの魂が息づいています。セルフコントロール、細心の時間管理、完璧へのこだわり。グリーンの上においても高級時計の世界においても、正確さ、エレガンス、動作とパフォーマンスの美が常に問題とされます。オーデマ ピゲは、いつも変わらぬゴルフへの関心の証として、世界一のゴルファーチームを実際に発足されることで、ゴルフへの情熱にスポットライトを当てることにしました。単純に言えば、ゴルフというゲームが好きなのです。

オーデマ ピゲ

ミッドナイト・マスターズ

アンバサダーとしてオーデマ ピゲ ファミリーに名を連ねる10人のプロゴルファーたちにより夜の暗闇の中行われた、非常にユニークかつ印象的な夜間のゴルフの様子が、ミッドナイト・マスターズというビデオにまとめられました。

オーデマ ピゲ

アンバサダーたち

長年に渡り、当社は世界一のゴルファーたちと友情を培ってきました。アンバサダーゴルファーたちによる真のドリームチームは、情熱溢れる優れたゴルフプレーヤー集団であり、その成績は、このスポーツでの熟達と自らの限界に常に挑戦する、たゆみない努力を証明しています。

ヘンリック・ステンソン

まだプロデビューして間もない1999年のプロツアー以来、品位に溢れ非常な正確さを持つゴルファーとして、素晴らしい成績を次々と実現。その効率の良いアイアンプレーはおそらく世界一でしょう。
常にエレガンスを漂わせながらも強靭な精神力を持ち、グリーンでは「アイスマン」という異名で呼ばれる、スウェーデン出身のヘンリック・ステンソンは、2014年以来、ロイヤル オーク オフショア クロノグラフを身に着けています。

ダニー・ウィレット

27才のダニーは英国ゴルフの再生の象徴と言われています。2012年のユーロピアンツァーのBMWインターナショナルオープンで初優勝して以来、優れたパワーコントロールとテクニックで力を上げ、独特のスタイルを確立してきました。このエレガントな若者は2014年12月の南アフリカ・ネドバンクゴルフチャレンジでの優勝によりその豊かな才能を披露し、世界ランキングトップ50への道を開きました。2015年4月サンフランシスコで行われたWGCマッチプレイでは第三位に入賞しました。

アン・ビョンフン

新メンバーの一人であるアン・ビョンフンは、2015年のヨーロピアンツアーで“ルーキー・オブ・ザ・イヤー”に選ばれた期待の星です。1991年ソウル生まれ。そのユニークでパワフルな才能をさらに伸ばすため、14歳でフロリダに渡り、17歳で全米アマチュア選手権優勝を勝ち取りました。通称“ベン”の彼のキャリアは2015年5月のBMW PGA選手権で飛躍的に進展し、強烈な印象を残しました。笑顔が魅力的なベンはその後も躍進を続け、最近の7つのトーナメントの内6つの大会でトップ10入りを果たしています。

ダレン・クラーク

強い個性の持ち主ダレン・クラークは北アイルランド出身で、プロデビューしてかれこれ20年以上経っており、そのキャリアーの中で、多数のトーナメントで優勝を経験しています。
高級ウォッチの見識ある愛好家でもあり、力強いスポーツマンらしいモデルに惹かれて2015年にオーデマ ピゲを選びました。

イアン・ポールター

「ユニーク」という言葉は、イアン・ポールターについて語るためにできた言葉ではないでしょうか。 世界のトップ25に頻繁にランクインし、ライダーカップヨーロッパチームのレギュラーでもあるイアン・ポールターは、非正統的でかつ非常にエレガントな服装で知られており、常に強烈な印象を残します。 2011年にアンバサダーとなったイアン・ポールターは、通らしくロイヤル オーク コンセプトを選びました。

ベルント・ウィスバーガー

現代ゴルファーの理想的な姿を絵に描くとしたら、ベルント・ウィスバーガーのようになるかもしれません。
ベルント・ウィスバーガーは、2014年、オーストリア人初のUSオープン参加者となり、以来、世界ランキング、トップ50入りを果たし、ヨーロピアンツアーでも何度か表彰台に上がっています。
幼い頃から時計作りに強い関心を持っていたベルントは、2015年より、ステンレススチール製ロイヤル オーク クロノグラフを愛用しています。将来有望で、才能に溢れ、楽しいことが大好きなベルントにぴったりのモデルです。

リー・ウェストウッド

ゴルファーにも、歴史に名を残すゴルファーがいるものです。

リー・ウェストウッドはその一人と言えます。常に卓越性を保つこのイギリス人ゴルファーは、地球上の全大陸で勝利を勝ち取り、一歩ずつその素晴らしいキャリアーを築いてきました。ライダーカップ ヨーロッパチームの信頼篤いリーダー、リー・ウェストウッドは、1998年、2000年、2009年に「プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、2010年末には世界ランキング1位に輝くという究極の栄誉を獲得しました。

2005年よりアンバサダーを務めており、パワフルで負けず嫌いな人柄が感じられるクロノグラフを身に着けています。

キーガン・ブラッドリー

2011年PGAツアーの初シーズンで、PGA選手権など、2回の勝利を獲得。同選手権史上、初出場でメジャー選手権に優勝した3人めのプレーヤーとなりました。また、翌年、WGCブリヂストン インビテーショナルで優勝し、世界のトッププレーヤーとしての地位を固め、USライダーカップの貴重なメンバーにもなりました。

ミゲル・アンヘル・ヒメネス

アイコン的存在のミゲル・アンヘル・ヒメネスは、フェアウェイで最もカリスマ性の高いプレーヤーの一人です。ヨーロピアンツアーで18回、アルフレッドダンヒル カップで2回、ライダーカップスで2回の優勝を飾り、ユーロピアン・オーダー・ オブ・メリットのトップ100に1989年からランクされている、ということからもそれは明らかです。 自由なエスプリでウィットに富んだミゲルは、2005年からオーデマ ピゲのアンバサダーを務めています。

エミリアーノ・グリージョ

エミリアーノ・グリージョは、アルゼンチン人特有のスタイルを持ち、今後プロゴルファーとして国際的に活躍するだろうと言うことは疑いようがありません。5歳で初めてクラブを振ったときからその潜在的な才能はすでに芽吹いていたのです。ブロンドの巻き毛で澄んだ瞳を持つこの青年は、2015年10月のPGAツアーで先鋭たちの仲間入りをし、一躍有名になりました。エミリアーノはその驚くべき長打と闘争心で、カリフォルニアのフライズドットコム・オープンにおいてツアー初勝利を飾りました。

レナート・パラトーレ

レナート・パラトーレのゴルフの才能は、「無限」と言っても過言ではないでしょう。2014年、17歳だった彼は次々と素晴らしい成功を収め、マイアミのジュニア・オレンジボールや、中国のユースオリンピックの金メダル等、アマチュアとして5大会を制しました。また、母国のイタリアン・オープンでプロ初タイトルを手にし、年末にはヨーロピアンツアーに参戦しています。2015年7月、まだ10代のレナートは、オープン・ド・フランスの歴史の中で初めて18ホールをすべて「4打」でホールアウトし、会場を沸かせました。

ピーター・ユーライン

ピーター・ユーラインの若さと笑いが絶えない雰囲気にだまされてはいけません。不屈の精神を持つ生まれながらの勝者なのですから。

2012年、プロに転向した若きアメリカ人ゴルファー、ピーター・ユーラインは、果敢にもヨーロピアンツアーをスタート。この型破りな決断は非常に懸命な選択で、新参者であるにも関わらず2013年には初のプロタイトルを獲得し、レース・トゥ・ドバイでも14位に入るなど、早くも頭角を現しました。その後、アメリカ人として初めて、名高い「サー・ヘンリー・コットン最優秀新人賞」を受賞し、オーデマ ピゲ アンバサダーのサー・ニック・ファルド(1977年)、イアン・ポールター(2000年)に続いて勝者のリストに名を連ねました。

オーデマ ピゲ

招待選手競技会、 ゴルフ インビテーショナル

オーデマ ピゲは、世界中の一流ゴルフコースで、一連のプライベートトーナメントを運営しています。大切なゲストの皆さんは、毎年開催される数々のオーデマ ピゲ ゴルフ トロフィーにて、エンターテイメントを楽しみ、ブランドアンバサダーと並んでのプレーというワクワクする体験を味わっていただけます。

2013年より、一連のコンペのクライマックスとなるのが、オーデマ ピゲ ゴルフ インビテーショナル。アンバサダー、ドリームチームのゴルファーのほとんどが集まるこの競技会では、他では味わうことの出来ない体験を提供いたします。

サンフランシスコ

オーデマ ピゲの優れたアンバサダーゴルファー7名が参加し、スペシャルゲストには、2014年フェデックスカップ優勝者ビリー・ホーシェルを迎えました。

ドバイ

2014年11月のインビテーショナルの舞台は、ドバイのエルス・クラブ。