オーデマピゲは、モバイルウェブサイトを持ってい

モバイルにスイッチする

当社の優れた技術

精度;熟練

オーデマ ピゲ コンプリート メンテナンス サービス

サービスを必要とするウォッチは、安全で確かな方法で処理します。オーデマ ピゲ ウォッチのメンテナンスと修理をする時計師たちは、モデルを製造する時計師たちと同様の訓練を受け情熱をもっています。

コンプリート メンテナンス サービス

他のサービス :

    • ブティックでは下記の5つの検査をすることができます。これらの検査は無料で保証延長はありません。

    • 外観検査:ウォッチの全体的消耗を検査します(ケース、ダイアルとストラップ)。ひっかき傷、損傷、傷、汚れ、変色その他。

    • 磁気帯び:ウォッチが磁化していると遅れや進みが生じることがあります。ウォッチの磁気帯びを調べ、同じツールで磁気を除去します。

    • 機能:モデルにより、全ての機能が正常に作動するかどうかを調べます。リューズによる時刻調整と日付調整、クロノグラフのプッシャーの作動など。

    • 歩度:歩度を調べるために厳密な技術パラメーターとツールを用い5姿勢差調整を行います。

    • 防水性:わずかのリークも探知する 空圧テストを行います。防水性は当社の修理センターまたはブティックで年一度検査することをお勧めします。

      防水性は2年か3年に一度検査することをお勧めします。

  • 防水性検査はいつくかのステップで行います:分解とケース洗浄、ム—ブメント検査、ムーブメント組立とケース組立。この際、防水性の維持に必要な部品を交換します。クォーツムーブメトの場合は電池も交換します。

時計を登録する

お手持ちの時計をオーデマ ピゲに登録してください。当社より最高のサービスをお届けすることができます。数分でできますのでどうぞご登録ください。

タイムピースのお手入れ

タイムピースの手入れ

ウォッチをていねいに使い、定期的にメンテナンスをすることにより、ウォッチは高精度で良好に機能します。

  • ケアチップ1

    通常の巻上げ

    しばらくの間ウォッチを着けていなくても、機械式ウォッチは(自動巻、手巻とも)少なくとも月に一度は巻き上げることが必要です。手巻ウォッチでは、リューズを軽い抵抗を感じるまで巻上げます。それ以上無理に巻き上げないでください。自動巻ウォッチでは、リューズを少なくとも25回回してください。それによりムーブメント部品の潤滑が良くなります。

  • ケアチップ2

    快適なフィット

    時計が腕にぴったりと着けられていることをご確認ください。自動巻システムが効率良く作動し、メタルブレスレットのリンクの消耗を避けることができます。 同じ腕に複数の時計やジュエリーを着けることは避けてください。ウォッチやメタルブレスレットのリンクに傷がつくことがあります。

  • ケアチップ3

    防水ウォッチの洗浄

    ウォッチとメタルブレスレットを定期的にゆるま湯で洗い、水で洗い流し、柔らかい布で拭きあげます。この簡単な手入れにより、カルキ、海水、砂、香水などによる摩耗や錆を避けることができます。

  • ケアチップ4

    防水ウォッチと水泳

    泳ぐ前にリューズとプッシュボタンがよくネジ込まれていることを確認します。ダイバーズモデルのリューズを除き、防水ウォッチのリューズとプッシュボタンは水中で操作しないでください。海で泳いだ後はウォッチを水道水で洗い流してください。

  • ケアチップ5

    定期的な検査とサービス

    ムーブメントと防水性は定期的にチェックすることが必要です。防水パッキンは外気にさらされる(温度変化、酸など)ため、その摩耗と消耗により2年か3年ごとに交換することが必要です。この定期的な防水性サービスにより、ウォッチの心臓部を埃と湿度から守ることができます。 当社の認可修理センターではご要望により、ウォッチの精度をとり戻しムーブメントの寿命を長く保つため、オーデマピゲの品質基準に基づいたコンプリートメンテナンスサービスを実施しています。 

  • ケアチップ6

    錆つかせる物質

    錆つかせるような物質(酸、香水、炭酸飲料など)との接触を避けてください。これらは防水パッキンを傷めるおそれがあります。

  • ケアチップ7

    レザーストラップ

    レザーストラップは水に浸けると消耗が早くなります。ラバーストラップ、メタルブレスレットは耐性が高く、そのようなことはありません。

  • ケアチップ8

    磁界

    日常生活の中で私たちは磁界にとり囲まれており、時計はそのために遅れたり進んだり、時には止まったりすることもあります。必要であれば、時刻修正の前に専門の時計師が非磁化プロセスを行うことができます。

  • ケアチップ9

    デイトとカレンダー

    デイト、月、月齢を午後や夕方に調整することは避けてください。同様にアニュアルカレンダーやパーペチュアルカレンダーを、時計取扱説明書で勧められた時間以外に調整することは避けてください。

  • ケアチップ10

    認可ネットワーク

    オーデマ ピゲのウォッチは認可ネットワークの店舗でのみ購入、またサービスを受けることをお勧めします。熟練時計師がローカルでサービスを行い、安定した技術レベルを保つグローバルなネットワークが設けられています。

サービスセンター

オーデマ ピゲとコンタクトを取る

お近くのオーデマ ピゲ ブティック、正規代理店、認定サービスセンターを見つけてください
どこの店舗にウォッチをお預けになっても結構です。オーデマ ピゲ認定サービスセンターが適正な技術で修理を行います。

読み込み中…

エラーが発生しました。%retry%で再度トライしてください。

アフリカ

アジア

ヨーロッパ

中東

北米

オセアニア