オーデマピゲは、モバイルウェブサイトを持ってい

モバイルにスイッチする

章 2コンプリケーション

時計製造においてコンプリケーションは、時、分、秒表示の単純機能をはるかに上回る複雑な機能。オーデマ ピゲは137年もの年月を注ぎ、デザインから製造までユニークな時計づくりに邁進してきました。

テーマ 4

ストップウォッチ

5分の1秒の精度は、マスターするまでに1年を要します。これは今日に至るまで、最も技巧を要する時計機構のコンプリケーションのひとつで、完璧に達成するのが最も難しいといわれています。数種類の製造方法が開発されましたが、最もプレステージ性が高く、注目されるのはコラムホイール・クロノグラフです。

コラムホイールはクロノグラフのスタート、ストップ、リセットなどの操作を司るきわめて重要な部品で、摩耗を避けるために最小限の力で操作します。

オーデマ ピゲのはじまり

1858年にルイ・オーデマ手づくりの、ジャンピングセコンドハンドを備えたポケット・クロノグラフ。

その他のストップウォッチ・コンプリケーション

  • Split Second Hand
    スプリットセコンドの針 スプリットセコンド・クロノグラフは、ラップタイムを計測したり、基準となる時間をセーブする際にストップできるセコンドハンドを備えたクロノグラフです。
  • Chronograph
    クロノグラフクロノグラフは時計の進行に影響を与えることなく、連続または非連続のラップタイムを計測・表示できる補助機構を備えた時計です。ひとつまたは複数のプッシュボタンを押すことで、センターのクロノグラフ針をスタート、ストップ、リセットすることできます。日常生活では便利な機能ですが、技術的に非常に複雑なコンプリケーションです。

ミレナリー カーボン ワン

他のコンプリケーションを検索する