オーデマピゲは、モバイルウェブサイトを持ってい

モバイルにスイッチする

第1章職人技

オーデマ ピゲは一世紀以上にわたり常にマスターピースを製造し続けてきました。そこには複雑なクラフト技術、デザインが歴史から汲みとるもの、部品の手作業による加工、常にエクセレンスを求める姿勢を見ることができます。

輝きのあるホワイトカラーで、滑らかなラインと力強いスタイルを特徴とするロイヤル オーク コンセプト・GMT トゥールビヨン。まさに、技術面でも外観の面でも一切の妥協を許さない、最先端の時計のコレクターや愛好家のためのモデルです。

パートI

デザイン

  • Design

    オッタヴィオ・ガルシアはオーデマ ピゲのアートディレクターとして、デザイン活動のソウル、中心的存在です。一目でわかるアイデンティティに満ちたスタイルのコレクションを創造してきました

  • Design

    オッタヴィオ・ガルシアはオーデマ ピゲのアートディレクターとして、デザイン活動のソウル、中心的存在です。一目でわかるアイデンティティに満ちたスタイルのコレクションを創造してきました

  • Design

    オッタヴィオ・ガルシアはオーデマ ピゲのアートディレクターとして、デザイン活動のソウル、中心的存在です。一目でわかるアイデンティティに満ちたスタイルのコレクションを創造してきました

トゥールビヨンは重力が時計の精度に与える影響を補正し、ムーブメントの歩度を向上させます

精度を向上させるため2世紀前に発明されたトゥールビヨンは、今日も私たちを魅了します。

パートII

部品製造

素材におけるノウハウ

ホワイト・セラミックの硬度はステンレススティールの9倍であることから、ロイヤル オーク コンセプト・GMT トゥールビヨンのベゼル、プッシュボタン、リュウズ、そして殊に複雑な形状の上部ブリッジといったパーツの加工は、複雑で時間のかかる作業となります。

    • プロセス

      酸化ジルコニウムパウダーをシリンダーに焼結する

    • 機械加工

      シリンダーをリング状にカットし、ロイヤルオークの有名な八角の形状に加工する

    • 仕上げ

      ベゼルは研磨、その後にリネアグレイン仕上げを一つずつ手作業で行う。

    • 仕上げ

      ベゼルは研磨、その後にリネアグレイン仕上げを一つずつ手作業で行う。

追加部品

キャリバー2930

マニュファクチュールはムーブメント自体にセラミックの部品を使用しています。キャリバー2913の黒仕上げアッパーブリッジを白セラミック製としました。それにより新キャリバー2930の外観は変わり、砂時計のようなフォルムの輝くブリッジ、さらにトゥールビヨンブリッジとGMT表示の二重のシンメトリーが生まれました。

Calibre 2930

オーデマ ピゲのレガシー

    • Historic Timepieces

      2002年

      は最新の技術を駆使し優れた耐久性を持つ最高のパフォーマンスを目指す"lab watch"でした。素材として、航空業界で使われる稀少な合金アラクリット602を初めて使用しました。これは当時最も硬度が高い素材で、特別な加工ツールとプロセスを開発する必要がありました。

    • Historic Timepieces

      2008年

      ロイヤル オーク カーボン コンセプト トゥールビヨンとクロノグラフ。フォージドカーボンをケースとムーブメントの地板に初めて使用した超軽量のタイムピースです。

    • Historic Timepieces

      2011

      ロイヤル オーク コンセプトGMTトゥールビヨン。超軽量で耐久性の高いチタンケース、黒セラミックの八角形のベゼル、プッシュボタンとリューズを使用しています。

    コンセプトの進化

    ロイヤル オーク コンセプトは、の伝説的な八角形のロイヤル オークの誕生30周年を記念し、アヴァンギャルドなモデルとして2002年に発表されました。

PART III

輝きのあるホワイトカラーで、滑らかなラインと力強いスタイル

新しいトゥールビヨン ロイヤル オーク コンセプトGMTは、2002年に発売されたモデルのDNAを受け継いでいます。モダンな高級仕上げのキャリバーを搭載したテクニカルなモデルです。

ギャラリーを見る 製造プロセスを見る 時計のディテール

メゾンのクラフトを続けてみる

ハイジュエリー