第1章職人技

オーデマ ピゲは一世紀以上にわたり常にマスターピースを製造し続けてきました。そこには複雑なクラフト技術、デザインが歴史から汲みとるもの、部品の手作業による加工、常にエクセレンスを求める姿勢を見ることができます。

このタイムピースはまさにユニークなものです。 ハイジュエリーと融合し、伝統と自然にインスパイアされています。

パートI

デザイン

  • Design

    リーフとストラップがオ—バーラップしムーブメントの繊細な感性を表現

  • Design

    ジュウ渓谷の豊かな自然を象徴するデザイン

  • Design

    ジュウ湖から見上げる山頂を表現したかのようなコンテンポラリーなダイヤル

  • Design

    オーデマ ピゲの比類ないノウハウを体現するタイムピース

ジュウ渓谷は6世紀にプレモントレ派の僧たちが開拓しました。厳しい自然の中に僧たちは静謐な勤めの時を見い出しました。1875年以来、オーデマ ピゲはここに本拠を置いています。

数千年前から厳しい自然が支配するジュウ渓谷

パートII

部品製造

手作業による社内製造

部品製造のプロセスは全て社内で手作業により行われます。セッター、エングレーバー、ジュエラーが協力しながら工程を進め、デザインはバランスのとれたハーモニーを生み出すよう調整されます。

    • セッティング

      セッターはジュエラーと共に、一つ一つのダイヤモンドの微妙なサイズによりセッティング部分のストランドの厚みを決めて行きます。

    • セッティング

      デザインは最終的に選ばれた貴石に合わせて調整されます。

    • セッティング

      マルキーズダイヤモンドはセッターが手作業でセレクトします。

    • エングレービング

      エングレーバーは二次元のデッサンを三次元のレリーフとしてエングレービングします。

    • エングレービング

      このモデルでは、鳥と木の枝はジュウ渓谷の自然にインスパイアされています。

    • エングレービング

      エングレーバーは微妙な景色のデザインを、時には0.3ミリという薄さの部品に彫り込んで行きます。

    • エングレービング

      ある意味で、混沌に秩序を与え、見えるようにするという創造ともいえるでしょう。

    • エングレービング

      彫られたラインとフォルムは生き生きとして明るく洗練された仕上がりとなります。

    • ジュエリー

      このウォッチの一つ一つのリーフはどれも外観にしても組立にしても真似することのできないものです。

    • ジュエリー

      ジュエラーはデザインをボリュームとして表現しストラップとのリンクをつくります。

    • ジュエリー

      ここではジュエラーはまとまりを出すため重ねた表現を用いています。

    • ジュエリー

      ストラップの二つのストランドは互いに交差し、全体のハーモニーと動きを整えます。

    • ジュエリー

      ジュエラーはデザインの純粋さを尊重するため、ストラップのオープニングを6時位置に設定しました。

追加部品

キャリバー3091

手巻キャリバー3091は21石で148個の部品で構成され、厚みは2.80ミリです。ブルースチール のネジは、ジュウ渓谷の厳しい冬にインスパイアされたブレスレットのブルーサファイヤの輝きと呼応しています。

Calibre 3091

オーデマ ピゲのレディスウォッチの歴史と伝統

    • Cherished Origins

    由緒あるオリジン

    1883年、オーデマ ピゲの最初のレディス用ムーブメントが製造されました。時計づくりを常に前進させるというメゾンの強い意志は当時から明確なものでした。

    • Historic Timepieces

      1882

      タイムピースというより豪華なオブジェと呼ぶにふさわしいこのアールヌーボー様式のペンダントは、203個のダイヤモンドと42個のブルーサファイヤをセットしています。

    • Historic Timepieces

      1916年

      このアールデコのウォッチは、展開クラスプを使い始めた時期のもので、幾何学的なフォルムをアピールしています。

    • Historic Timepieces

      1920年

      1920年頃から女性の地位の向上と独立が見られるようになり、このようなプラチナケースのウォッチも登場しました。

    歴史的タイムピース

    ベルエポックのレディスウォッチには優れた装飾が見られます。「Roaring Twenties」の時代には複雑なデザインを保ちつつ精度を向上させました。これが今日のオートオルロジュリーにつながっています。

    • Our Diamonds

      エレガントで個性的なレディス ロイヤル オーク33ミリ。18KTピンクゴールドケース、ダイヤモンドのリューズが高貴なスタイルを表現します。

      詳細を見る
    • Our Diamonds

      レディス自動巻ロイヤルオークは、オートオルロジュリーとしてのスポーツウォッチという個性をアーティザナルで洗練された新たな解釈で表現しています。

      詳細を見る
    • Our Diamonds

      Boasting an oval shape, the Ladies Millenary Selfwinding timepiece balances creative invention with technical discipline.

      詳細を見る

    私たちの使うダイヤモンド

    オーデマ ピゲでは最高級のダイヤモンドを手作業でセレクトして使用しています。マルキーズ、ブリリアントカット、バゲット。一つ一つの石がデザインの一部となり、タイムピースをユニークなオブジェにしています。

PART III

ジュウ渓谷というクリエーション

ハイジュエリー

ジュウ渓谷の景観の中から生まれたレディスウォッチ。ブルーサファイヤ、ホワイトゴールド、マザーオブパール、ブリリアントカットのダイヤモンドがリーフにセットされたこのタイムピースは、ル・ブラッシュが雪と氷につつまれる季節へのオマージュです。

ギャラリーを見る

メゾンのクラフトを続けてみる

ロイヤル オーク