2013年5月7日 07:48:00 UTC

ロイヤル オーク オフショア レディキャット クロノグラフをローンチ

1985年よりヨットレースに協賛しているオーデマ ピゲは、スピンドリフト・レース・プロジェクト発足時よりレディキャットのサポーターをつとめています。2009年までメンバー全員が女性で構成されていたチームの熱意と大胆さにたちまち魅了されたル・ブラッシュ渓谷のマニュファクチュールであるオーデマ ピゲは、このプロジェクトに敬意を示し、第二弾となる限定生産モデルをローンチしました。

  • ロイヤル オーク オフショア レディキャット クロノグラフの発表
  • ロイヤル オーク オフショア レディキャット クロノグラフの発表
  • ロイヤル オーク オフショア レディキャット クロノグラフの発表
RSS

常に完璧性を求め、ディテールを見逃さない鑑識眼を育て、最先端の技術的革新を長い伝統にはぐくまれた技と組み合わせてきたオーデマ ピゲとレディキャット。両者は同じゴールを目指しています。

2012年はレディキャットにとって転換の年でした。もともとフーシャピンクをテーマカラーにしていたカタマラン(双胴)に、新しい男性クルーを迎え入れ男女混合チームになったことを記念して、よりオリジナリティの高いブラックとブロンズ(2013年はゴールド)をテーマカラーにし、インパクトの強いグラフィックなスタイルにモデルチェンジを遂げたのですから。スキッパー/舵手のドナ・ベルタレッリ、マルチな専門家ヤン・ギシャール、ビリー・ベッソン、 アルノー・ヤルレガン、エマニュエル・ロール、ドゥヴァン・ル・ビアン、マリー・リウー、ニコラ・デボルデが一堂に会し、新体制が整いました。

「新しいチームになって、さらなる高みを目指して、これまで数年間に培ってきた経験を成熟させることができると思います」とドナ・ベルタレッリは話します。名前については「変える必要はありません。レディキャットは私のプロジェクトだし、私自身そして未来に伝えるべき価値ある名称だからです。この5年間で20人をこえる女性ナビゲーターが情熱を傾けてきました。中にはヨットで生計を立てられるようになった人もいます。チームが男女混合になっても精神は同じです。チーム結成は私達自身が決定したことで、強制されたからではありません」。

2013年はヨットのモデルチェンジにあわせて、プレステージ性の高いロイヤル オーク オフショア クロノグラフ コレクションに新しいタイムピースが2つ仲間入りしました。ヨットのようにオーデマ ピゲもまた、女性のためだけに、高い精度と女性らしさを強調したデザインのツールを提供してきたのです。どの時計もその複雑さと特徴には、オーデマ ピゲのより女性らしさ強調したいという気持ちが込められています。オーデマ ピゲのアーカイブに収められた、極小サイズのムーブメントや、いち早くレディースモデルにコンプリケーション機能を搭載させたモデル。オーデマ ピゲが得意とするムーブメント製造で最先端技術を取り入れてきたことの証です。138年の歴史にはぐくまれた真の時計作りのエキスパートを自負するオーデマ ピゲは、現在も創立者一族が舵とりを行い、スイス製高級時計のゆりかごと呼ばれているル・ブラッシュ渓谷を本拠地にすることで、何年もの月日をかけて時計のデザインを継承することができたのです。

現在私たちが暮らしを営む世界では、女性たちはどこに希望や情熱を抱き、情熱を傾けるのでしょうか。前世紀で女性たちは、王室や権力を握っていた男性・女性たちが独占してきた時計を持つという行為(現在では当然のことではありますが)を含め、基本的な人権を勝ち取るために闘いました。今日の女性たちはなんの束縛もなく、生活の一部として時計に接しています。女性たちはタイムピースと手を取り合い、独立していることを周囲に知らしめ、言葉に発することなくパーソナリティをはっきりと表現する手段として時計を身に着けているのです。

最新モデル

最新モデル

最新モデル
  • 最新モデル

    %レディースォッチ名%

    自動巻、クロノグラフ、日付表示、12時位置にスモールセコンド

    詳細を見る
    Reference 26211SK.ZZ.D002CA.01 Thumbnail

    自動巻ャリバー2385

    自動巻ャリバー2385, front
    正面
    自動巻ャリバー2385, back
    裏面

新しいロイヤル オーク オフショア レディキャットはスポーティな女性だけでなく、ダイナミック、パワフル、グラフィカルなデザインが好きな人のために誕生したモデル。

ふたつのモデルは、ル・ブラッシュ出身のマニュファクチュールがスポンサーをつとめるカタマランのテーマカラーを採用し、スチールバージョンは150本、ホワイトゴールドのバージョンは10本の限定生産です。それぞれの文字盤は、新しいヨットと同じ黒、ゴールド、グリーンのコンビネーションになっていて、グリーンはサブダイアル針の色にもなっています。ケースバックにはレディキャットのロゴが入れられ、セーリング界で唯一女性が舵をとるヨットへの敬意を示しています。

ロイヤル オーク オフショア レディキャットのホワイトゴールドバージョンは、ダイヤルカウンターはブラックマザーオブパールで、ジュエリーセットベゼル、ケース、フォールディングバックルあわせてトータル323個のダイヤモンド(約5.82カラット)が使用されています。オーデマ ピゲが厳選した最高品質のジュエリーをセットした黒ラバーストラップも輝きを放ちます。スチールバージョンも、ブリリアントパヴェベゼルに強調された美しいラインとストラップに、しっくりとなじむジュエリーセットプロットをはじめとする魅力的な特徴にあふれています。

しっかりとした37ミリサイズのケースは機械式自動巻ムーブメントを内包し、12時間以上も連続してショートタイムを計測することができます。これは受注生産ではありますが、要望の高い機能です。機能的で精密、伝統を守ったハイエンドな仕上げをほどこした機械式の心臓は、40時間のパワーリザーブで、時計の持ち主の自然な腕の動きにあわせて自動的に巻き上げます。小さな部品のディテール随所に表れている、進化した未来型のラグジュアリーウォッチの証。この非常にフェミニンなクロノグラフには、18Kゴールド回転錘が搭載されています。

5気圧防水機能を搭載した、類いまれなロイヤル オーク オフショア レディキャット クロノグラフは、チャレンジし続ける女性にとって理想的な時計です。