Dan Holdswoth
2014年4月4日

写真家ダン・ホールズワース オーデマ ピゲを育んだジュウ渓谷の魅力をとらえる

オーデマ ピゲは、第5弾となる対話シリーズ動画をローンチすることになりました。今回の対談は英国人写真家ダン・ホールズワースです。

RSS

オーデマ ピゲは、第5弾となる対話シリーズ動画をローンチすることになりました。今回の対談は英国人写真家ダン・ホールズワースです。伝説のアスリートであるリオネル・メッシ、ルブロン・ジェームズが自らのキャリアの転機を語る対話シリーズに続き、オーデマ ピゲの発祥地であるジュウ渓谷の何がホールズワースを惹きつけるのか、また自身の写真がどのように時と関係しているのか語ってもらいました。

  • Dan Holdsworth - Defining Moment
    Dan Holdsworth
  • Dan Holdsworth - Defining Moment
    Dan Holdsworth
  • Dan Holdsworth - Defining Moment
    Dan Holdsworth
  • Dan Holdsworth - Defining Moment
    Dan Holdsworth
  • Dan Holdsworth - Defining Moment
    Dan Holdsworth
  • Dan Holdsworth - Defining Moment
    Dan Holdsworth

遠く離れた地への情熱と、執着しているものがひとつ、それは天候。これこそがなによりもダン・ホールズワース作品にとって重要な要素です。オーデマ ピゲの発祥地であるジュウ渓谷は、新しいロケ地として最もふさわしい場所でした。「ここの風景には大自然というだけでなく、興味深い要素がありました。それはこの渓谷が外界へ時を送り出しているということです。先端技術と原始的な風景が時計をつくりだすパワフルなコンビネーションに惹かれました」とダンはいいます。

過酷な天候から小シベリアとも呼ばれるジュウ渓谷は、時と光の関係性だけでなく、通常の認識や理解を超えた時の概念を授けてくれます。昼夜3時間に及ぶロケを経て完成したジュウ渓谷のポートレートは栄光に輝くとともに、オーデマ ピゲの哲学を具現化しています。「ルールを破るためには、ルールをマスターしなくては ならない」を。