オーデマピゲは、モバイルウェブサイトを持ってい

モバイルにスイッチする
Lebron James
2013年9月27日

プレッシャー の中での パワーと名誉

レブロン・ジェームズのキャリアは、オハイオ州アクロンに始まり、若い頃からバスケットボールのプロの世界で突出したレベルを披露していました。 コートでの彼のプレイは最高級のものでした。

RSS

高校卒業後、2003年にクリーブランド・キャバリアーズに指名され、開幕戦では、25得点を記録しました(多くの得点は初試合でのプロ準備プレイヤー時の獲得点)。 彼はチームと共に、オールスターゲームのMVPに2度輝き、力強くありながらも機敏であるといった、驚くべき身体能力により知られるようになりました。 また、3つのオリンピックメダルを獲得しています。2004年は銅メダル、2008年および2012年には金メダル。2010年のマイアミのバスケットボールチームへの移籍は、物議を醸し出し、注目の的となり、プレッシャーとなったのでした。

しかし結果的には、レブロンは、チームワーク精神を強化し、最高レベルでプレイする彼の能力を証明したのです。 それは結果に表れています。2012年には マイアミチームを2度目のNBA優勝(彼にとっては初めて)に導きました。この年は初めてNBAで優勝しただけでなく、NBA決勝戦のMVPに選ばれ、アメリカのバスケットボール・オリンピック 「ドリ—ムチーム」を金メダルに導きました。バスケットボールのこれまでの歴史で、NBA の優勝、MVP、オリンピック金メダルを獲得したプレイヤーは彼がわずか二人目です。

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ ルブロン・ジェームスはラグジュアリーで豊かな18Kピンクゴールドケースに収められ、そのパワフルなフォルムをチタンのシャープでクールなベゼルがひきしめます。ピンクゴールドとグレーの金属のラグジュアリー感あふれる組み合わせは、グレーの「メガ・タペストリー」の文字盤とピンクゴールドのアラビア数字と針によってさらに強調されています。ブラックセラミック製の2つのクロノグラフ・プッシャーとリューズのうち、2時位置のプッシャーにのみあしらわれたダイヤモンドセッティングがさりげないラグジュアリー感を醸し出します。

ロイヤル オーク オフショア

クロノグラフ「レブロン・ジェームズ」

ロイヤル オーク
  • クロノグラフ「レブロン・ジェームズ」

    ロイヤル オークオフショア クロノグラフ

    自動巻、クロノグラフ、日付表示、12時位置にスモールセコンド。18Kピンクゴールドケース、チタン製ベゼル 限定600本。

    詳細を見る
    Reference 26210OI.OO.A109CR.01 Thumbnail

    自社製キャリバー3126/3840

    自社製キャリバー3126/3840, front
    正面
    自社製キャリバー3126/3840, back
    裏面

手縫いのクロコダイル・ストラップのグレーの色は、あまりない選択であり、この強く釣り合いの取れた44 mmの時計は、紛れもなく都会的な雰囲気を持っています。これはこの限定モデルにおけるレブロンのビジョンに沿ったものであり、男らしさとエレガンスを兼ね備えたものです。 レブロンのサインは、サファイアクリスタルのシースルーバックにブルーでプリントされ、豪華に装飾された自動巻きクロノグラフ・キャリバー3126/3840の、一部透かし細工が施された22Kゴールドの回転錘が確認できます。

  • Lebron James
  • Lebron James
  • Lebron James
  • Lebron James

この時計では、レブロン・ジェームズが持つ二つの面を見ることができます。ロイヤル オーク オフショアの愛好家は、世界でも最も強力なスポーツ選手の一人との協力の下に製作した時計は、単純に男性的な部分を強調したモデルであると思うかもしれませんが、ロイヤル オーク オフショアの大胆なラインが調和した外観は、レブロン・ジェームズの身体能力と洗練された雰囲気をまさに表現したものです。