オーデマピゲは、モバイルウェブサイトを持ってい

モバイルにスイッチする
ロイヤル オーク グランド コンプリケーション
2012年10月23日

オーデマ ピゲ、グランド コンプリカシオンのマスター

スイス ジュラ地方のジュウ渓谷にある村ル・ブラッシュに1875年に創立されたオーデマ ピゲ マニュファクチュールは、1882年に発表した最初のグランド コンプリカシオン ポケットウォッチから、最近のジュール オーデマやロイヤル オークまで、多くの優れたタイムピースを創造し続けてきました。

RSS

スイス ジュラ地方のジュウ渓谷にある村ル・ブラッシュに1875年に創立されたオーデマ ピゲ マニュファクチュールは、1882年に発表した最初のグランド コンプリカシオン ポケットウォッチから、近のジュール オーデマやロイヤル オークまで、多くの優れたタイムピースを想像し続けてきました。オーデマ ピゲは今も創立者の家族の経営のもとにあり、1875年以来継続して伝統のノウハウを継承しています。

これらのタイムピースは全て短時間の計時、チャイム、アストロノミカル表示という三つのグループのコンプリカシオンを組み合わせています。しかしオーデマ ピゲはこれをさらに押し進め、そのクロノラフにフライバック機能を加えました。これらのタイムピースは優れた時計師が一人で一個を完全に作りあげます。そのミニチュア化と究極の精度表現は、動く彫刻のように時の流れに挑戦を挑むかのようです。

他のアートと同じように、オーデマ ピゲ マニュファクチュールの時計師たちは、まずクラシックなルールを全て完全にマスターした後にそれを現代的なテイストに再解釈します。このような優れたプラクティスの中から生まれたのが、創立40周年を迎えるロイヤル オーク グランド コンプリカシオンのタイムピースです。

オーデマ ピゲのグランド コンプリカシオンの一部

オーデマ ピゲのグランド コンプリカシオンの一部

オーデマ ピゲのグランド コンプリカシオンの一部
  • オーデマ ピゲのグランド コンプリカシオンの一部

    ロイヤル オーク グランド コンプリカシオン

    自動巻、永久カレンダー、曜日、日付、週、ムーンフェイズ、月、閏年、ミニッツリピーター、スプリットセコンド、クロノグラフ、9時位置にスモールセコンド。18Kホワイトゴールドケース、ブルー文字盤、18Kホワイトゴールドブレスレット

    詳細を見る
    Reference 25865BC.OO.1105BC.01 Thumbnail

    自社製キャリバー2885

    自社製キャリバー2885, front
    正面
    自社製キャリバー2885, back
    裏面
  • オーデマ ピゲのグランド コンプリカシオンの一部

    ロイヤル オーク グランド コンプリカシオン

    自動巻、永久カレンダー、曜日、日付、週、ムーンフェイズ、月、閏年、ミニッツリピーター、スプリットセコンド、クロノグラフ、9時位置のスモールセコンド。18Kホワイトゴールドケース、シルバー文字盤、18Kホワイトゴールドブレスレット

    詳細を見る
    Reference 25865BC.OO.1105BC.04 Thumbnail

    自社製キャリバー2885

    自社製キャリバー2885, front
    正面
    自社製キャリバー2885, back
    裏面
  • オーデマ ピゲのグランド コンプリカシオンの一部

    ジュール オーデマ グランド コンプリカシオン

    自動巻、永久カレンダー、曜日、日付、週、ムーンフェイズ、月、閏年表示、ミニッツリピーター、スプリットセコンド、クロノグラフ、9時位置にスモールセコンド。チタンケース、サファイヤ文字盤、黒ストラップ

    詳細を見る
    Reference 25996TI.OO.D002CR.01 Thumbnail

    自社製キャリバー2885

    自社製キャリバー2885, front
    正面
    自社製キャリバー2885, back
    裏面
  • オーデマ ピゲのグランド コンプリカシオンの一部

    ジュール オーデマ グランド コンプリカシオン

    自動巻、永久カレンダー、曜日、日付、週、ムーンフェイズ、月、閏年表示、ミニッツリピーター、スプリットセコンド、クロノグラフ、9時位置にスモールセコンド。18Kピンクゴールドケース、サファイヤ文字盤、黒ストラップ

    詳細を見る
    Reference 25996OR.OO.D002CR.01 Thumbnail

    自社製キャリバー2885

    自社製キャリバー2885, front
    正面
    自社製キャリバー2885, back
    裏面
  • オーデマ ピゲのグランド コンプリカシオンの一部

    ジュール オーデマ グランド コンプリカシオン

    自動巻、永久カレンダー、曜日、日付、週、ムーンフェイズ、月、閏年表示、ミニッツリピーター、スプリットセコンド、クロノグラフ、9時位置にスモールセコンド。プラチナ950ケース、サファイヤ文字盤、黒ストラップ

    詳細を見る
    Reference 25996PT.OO.D002CR.01 Thumbnail

    自社製キャリバー2885

    自社製キャリバー2885, front
    正面
    自社製キャリバー2885, back
    裏面

懐中時計:クラシックの基礎 

1882年からオーデマ ピゲ マニュファクチュールは、コレクターたちの声に応え、毎年コレクションに少なくとも一つのグランド コンプリケーション ウォッチが存在するようにしてきました。これは受注により製造するもので、数百時間もの手作業による工程と、複雑なメカニズムを組立てる優れた知識を必要とします。これによりマニュファクチュールは130年以上もアトリエで継承されてきた時計づくりのノウハウを守り、維持して行くことができます。18Kピンクゴールドのハーフハンターケースに収められた手巻キャリバーもこのようなノウハウを駆使して作られています。このムーブメントは開けた時に裏側から見ることができ、その素晴らしい仕上げによりオーデマ ピゲの作品であることが一目で見てとれます。この複雑なウォッチはフルタイムで2ヶ月以上、800時間をかけ、ていねいに装飾された620個の部品を一つ一つ組立てて完成させます。

今年オーデマ ピゲは、ウォッチの歴史の中で最も有名なラグジュアリー スポーツ ウォッチのリファレンス、ロイヤル オークの誕生40周年を迎えます。1972年にデザイナーのジェラルド・ジェンタがデザインしたこのタイムピースは、パワフルですぐにそれとわかる特徴を備えています。今回発売されたグランド コンプリカシオンのバージョンは時計づくりの伝統を21世紀に向けてさらに押し進めるものです。

ロイヤル オーク グランド コンプリカシオン ホワイトゴールド:透明さを追求する世界

パワフルでダイナミックなロイヤル オーク グランド コンプリカシオンの収められたホワイトゴールドのケースは、大胆でラグジュアリー、派手にならずほどよい主張が感じられます。張り出した外形、コンテンポラリーなフォルム、ネジを配した八角形のベゼルが強調するフランジのダイナミックなバランス、そして厚み8.55ミリの自動巻キャリバーのメカニズムのプレゼンスが印象的です。ケースには130年以上にわたり継承されてきた伝統のたまものであるムーブメントを収め、展開バックル付のアリゲーターストラップで 腕に快適にフィットさせることができます。

受注単品生産のこのユニークなウォッチは、648個の部品で構成されたキャリバーを搭載しています。これらの部品は一人の時計師が全てアジャストし調整を行います。時計師はたった一つのムーブメントを作るのに700時間以上をかけ、オープンワークの工程には120時間をかけます。クラシックでバランスのとれたアーキテクチャーを持つこの稀少なムーブメントは年間10個ほどしか製造されません。創立時からメゾンが得意とするクラシックな構造の薄いキャリバー(8.55ミリ)は均一性が高く、最初から最後まで一人の時計師の「手」で作りあげられます。

グランド コンプリカシオンのアトリエで行われる、一人の時計師による制作の作業はまさにマスターワークと呼ぶべきものです。三つのコンプリケーションのグループから少なくとも一つの機能を選んで組み合わせたこのタイムピースはコマンドにより時、15分と分をチャイムで告げます。ゴングは手作業で微妙な調音を行います。ダイヤル上に高精度の表示を行う永久カレンダーのロイヤル オーーク コンプリカシオンはそのクロノグラフにフライバック機能が加えられました。中間タイムの記録、同時スタートで別フィニッシュの複数の計測を行うことのできるデリケートで実用的なメカニズムです。

  • グランド コンプリケーション
    クラシック グランド コンプリケーション ポケットウォッチ
  • グランド コンプリケーション
    オープンワークロイヤル オーク グランド コンプリケーション26552BC.OO.D002CR.01
  • グランド コンプリケーション
    グランド コンプリケーション ロイヤル オーク26552BC.OO.D002CR.01
  • グランド コンプリケーション
    オープンワーク ロイヤル オーク グランド コンプリケーション260565IS.OO.1105IS.01

チタン オープンワーク ロイヤル オーク グランド コンプリカシオン:コンプリカシオンへのスポットライト

揺るぎない存在感で腕を飾る新しいロイヤル オーク グランド コンプリカシオンは ケース、ブレスレットともチタン製です。このスポーティなモデルは、オーデマ ピゲ グランド コンプリカシオン アトリエの時計師チームのもとで、毎年注文生産により一人の時計師が全てを作りあげるセレクトなグランド コンプリカシオン ウォッチの一つです。

マニュファクチュールは伝統的な素材を最高に生かす経験をもとに、革新的な素材に取り組んでいます。大胆でコンテンポラリーなラインのこのグランド コンプリカシオン ウォッチは、まさに最高峰の存在です。薄いチタンケースが包むフラットな機械式キャリバーの部品の一部はオープンバックからだけでなく、正面の透明サファイヤダイヤルからも見ることができます。ウォッチ愛好家であれば、オープンワークのカムやスプリング、レバーなどを見つけることができるでしょう。最初から最後まで一人で作りあげることのできる時計師は数少なく、担当した時計師のていねいな仕上げを鑑賞することができます。しかしこうして見ることのできるのは、648個の部品で構成されたムーブメントの一部であり、その全容はフライバッククロノグラフと永久カレンダー、ミニッツリピーターを組み合わせた複雑なメカニズムと機能の自動巻キャリバーです。

このタイムピースのアセンブリーには700時間を要しました。組立、調整、手作業の仕上げ、面磨き、マイクロビーズ仕上げやコート・ド・ジュネーブ模様などの多様な仕上げが含まれます。さらに120時間をかけ手作業によるオープンワークを施しています。多くの機能を一体化し組合せ、手作業で調音したゴングなどのキーピースは全て高品質のキャリバーにふさわしいものです。1875年創立のオーデマ ピゲの豊かな経験を生かすこれらの仕上げにより、エレガントでスポーティなグラフィズムが生まれました。それは複雑な構造ながら同時に軽やかであり、伝統的な時計づくりの価値を最高にスタイリッシュでモダンなものに高めています。

ロイヤル オーク グランド コンプリカシオン スチール:メカニズムの魅力

40 年前にジェラルド・ジェンタがデザインしたオリジナルのようにスチールで登場した40周年記念のロイヤル オーク グランド コンプリカシオンは、一世代を生き抜いた偉大なリファレンス、アバンギャルドからアイコンとなったモデルへの祝福です。技術的なアチーブメントを集積したインストルメントということができます。

一人の時計師が全て組立、調整を行ったこの超薄ムーブメントは、クラシックな三つのコンプリケーションのグループから少なくとも一つの機能を選んで組み合わせています。ミニッツリピーターと永久カレンダーの他に、クロノグラフにはフライバック機能を加えました。スポーツエレガンスのスタイルに複雑な機能を合わせ、自動巻キャリバー2885を搭載、ダイヤルは社内で特別な機械を使って行う「タペストリー」の模様で飾られています。ていねいに装飾された648個の部品で構成され、700時間をかけて組立、調整を行い、ウォッチに魂を与えました。受注生産のみで、時計師たちがフルに取り組んでも年間に10個ほどしか製造することができません。

二つのゴングによる澄んだ音色のこのタイムピースはほぼ永久(2100年まで)にカレンダーを表示し、フライバック機能により中間タイムを表示します。これらの機能は全て忍耐強い作業の成果として作動するものです。一人の時計師が全てを作りこむ、エクストラシン(8.55ミリ)のムーブメントを搭載することによりさらに希少性が増します。これは言葉では表現することのできない感動そのものです。こうしてアトリエから出てきたこのウォッチはロイヤルオークコレクションの40周年を記念するモデルです。複雑性という意味では完璧であり、40周年記念モデルのために開発された回転錐を使った唯一のモデルでもあるこのロイヤルオークは、グランド コンプリカシオンのエリートサークルに加わりました。パッケージに入っているピアノをかたどったサウンドボードは、マニュファクチュールの近隣の森から切り出した木材を用い、楽器の専門製造師が作ったものです。